2017年RBCヘリテイジ4thR

2017年RBCヘリテイジ4thR

大混戦の最終日に抜け出したのはウェスリー・ブライアン。ウェブドットコムツアーで3勝してきたのは伊達じゃなかった。今回、メジャーチャンピオンのダフナーとドナルドが最終日伸び悩んだことで大混戦になりました。

SPONSORED LINK

ルーク・ドナルドは日本人選手のお手本

ルーク・ドナルドは初日から終始ショットが曲がっていましたが、得意のショートゲームで何とかスコアをまとめるのがやっと。それでもこの位置にいるのがすごい選手です。パワーヒッターではないだけに日本人選手のお手本になるゴルファーです。

また、もう一人のメジャーチャンピオンのジェイソン・ダフナーはバンカーの淵にボールを入れてしまったり、池に入ったりとスコアを伸ばすことができません。ダフナーのプレーが大混戦の引き金でした。

池田勇太は14・15番で池に入れてしまいスコアを崩すことになります。とりあえずパッティングが入っていないようです。

谷原秀人は1つ落としてトータル3アンダー。39位タイになっています。

ではまた

ウェッジの選び方って?ウェッジを選ぶポイントについて徹底解説。ロフト角度やバウンス角度、初心者のウェッジの選び方など。ソール形状からネック形状まで解説。

シェアする

フォローする