松山英樹が世界ゴルフ選手権で優勝した!

松山英樹選手が世界ゴルフ選手権で優勝しましたね。すごいです。WGC-HSBCチャンピオンズは世界ゴルフ選手権4大会のうちの1つです。今年の世界ゴルフ選手権を制しているのは、キャデラック選手権でジェイソン・デイ、マッチプレーでアダム・スコット、ブリヂストン招待のダスティン・ジョンソンですから、そうそうたる優勝者の中に名を連ねたことになります。

松山英樹が世界ゴルフ選手権で優勝した!

世界ゴルフ選手権は四大メジャー大会に次ぐ名誉ある大会という位置づけです。ここまでくると松山がメジャーを取ることも不思議ではなくなりました。

最終ホールのパー5のセカンドを打った時点で「あッ!スライスしたな。」と思ったのは私だけではないはずです。案の定、池ポチャになってしまいましたが、その時点で2位とは大きく差をつけていたのでそれほどドキドキはなかったですね。

それでもパットでパーを取るあたりは最後まで集中力を切らすことなくプレーすることができたのでしょう。

最近ではテニスの錦織選手ばかりが注目されています。テレビで聞く話によると小・中学生の中でもテニス人気は相当なものなのだそうです。

ゴルフもテニスに追いつけるような人気が出てくれたらと思いますが、テニスからすると敷居が高いのも事実です。私たちのような田舎ではテニスをできるところがそれほどないのでテニスが人気と聞いてもピンときません。

個人的には、小学校のころからゴルフができる環境があればと思います。スナッグゴルフでもいいと思います。田舎なので土地だけはたくさんありますからね。

今年は資源ごみの担当で月に一度資源ごみステーションに立つのですが、朝から忙しくしている年配の方々がたくさん見かけます。「どこに行くんですか?」と聞くと「グランドゴルフよ!」と言われます。毎朝グランドゴルフをしているということでした。

ゴルフも毎日とは言わないまでも日本にゴルフで気軽に遊べるような環境があれば、世界を席巻するような選手がたくさん出てくるのでしょうけどね。

それにしても石川遼選手にしろ松山選手にしろ来年のメジャーが楽しみになってきました。その前に二人のコンビでワールドカップもありますね。

期待せずにはいられません!

ではまた

シェアする

フォローする