1. ゴルフな気分
  2. キャディバッグ編/人気ゴルフ用品

キャディバッグ編/人気ゴルフ用品

目的に合ったキャディバッグを探そう!

キャディバッグは、目的別に種類があります。テレビのツアープロが主に使っている合成皮革のプロモデル。ナイロン製で持ち運び便利な、軽量タイプのキャディバッグ。スタンドタイプなどもあります。

かっこよさを選ぶのであれば、プロモデルがピカイチでしょう。重厚で、壊れにくいです。ゴルフ用品を入れることができるポケットが大きく作られているのも特徴でしょう。クラブを挿入する部分が、大きいのでクラブ同士がぶつかりにくいのもメリットです。セパレートタイプが多いのもプロモデルです。

しかし、一般のゴルフファーは乗用車でゴルフ場に行くことが多いので、プロモデルのキャディバッグが4人いると普通車のトランクにギリギリ入るかどうかってところでしょう。ほかにも着替えを入れたゴルフバッグやゴルフシューズなどもありますからね。大きな車ならいいですよ。

キャディバッグ編人気ゴルフ用品/項目

人気キャディバッグメーカー

軽量タイプはゴルフ慣れしている人向け

軽量タイプはゴルフの回数が多かったり、練習場によく行かれる方にはとても重宝しますよね。私は、プロモデルタイプを最初使いましたが、練習場に行く回数が増えるにつれ、軽いものがほしいと考えていました。軽量タイプの中でもスタンドタイプを今まで使用しています。

現在のスタンドタイプは、壊れにくいのですが、以前のものは、1年も使えば壊れていましたね。特にスタンドの取り付け部分。しかし、スタンドタイプはジュニアのゴルファーがゴルフコースを担いでラウンドするようなイメージを連想しますが、練習場で威力を発揮すると思います。確かにプロモデルからするとかっこよさで少しだけ見劣りしますが、練習場にスタンドをパッと開くととても安定しますし、クラブも取りやすいです。

結局、ご自分の用途に合わせて、キャディバッグを選ぶほうがいいですね。解決策にならなくてすいません。

キャディバッグのサイズ

キャディバッグにはサイズがあります。最近ではドライバー、パターの長尺がはやっていますので、それに見合った46インチも大丈夫みたいなことが書いてあると思います。また、入り口の枠も大きさがあり、プロモデルで9.0~9.5型。8.0~8.5型などは一般的に使われているタイプです。最近はキャディバッグの中に規定の本数14本めいっぱい入れることが多いし、なかには、フェアウェイウッドをアイアンの替わりに入れてる方も多いので、そんな方は、自分が納得できるだけのサイズを選びましょう。

キャディバッグのデザイン

デザインについては、好みが分かれるところです。若く競技ゴルフ、俗に言うアスリートゴルファーは、やはり、軽量タイプ、スタンドタイプの少し派手めなものを好む傾向があるようです。また、長く競技ゴルフを続けてらっしゃる方は、プロモデルを使ってる方が多いようです。、また、憧れのプロゴルファーと同じものを選ぶ方もいらっしゃるでしょう。お年を召した方、シニアの方に似合うのは重厚な本皮タイプです。使い込むほどにいい味を出すようなシックなキャディバッグがいいと思います。

以上のことは私の周りがこういう傾向ということなので、皆さんの仲間はどうなんだろう!?

キャディバッグの機能

最近のキャディバッグの中には、底にトラベルバッグのような小さなタイヤが付いているキャディバッグもありますよ。私の仲間が使っています。「マンシングウェア」のものだったと思います。ほかにも「ミエコ ウエサコ」にもありました。大きな段差はとても登れるものではないのですが、練習場程度で滑らす程度であればとても便利です。

サイドポケットには、いつもは使わないゴルフ用品、たとえば、レインウェアなどを入れておくといいでしょう。予備の手袋などもここに入れてますよ。

前面のフロントポケットには、よく出し入れするものを入れておきます。ボールやティ、手袋、マーカーやテーピングなどでしょうか。

ゴルフな気分-ゴルフクラブの選び方/売れ筋ギア