1. ゴルフな気分
  2. ゴルフ用語集
  3. 「へ」一覧
  4. ぺリア方式【Peoria system】

ぺリア方式【Peoria system】とは

ゴルフコンペなどで使用するハンディキャップ方式の1つ。隠しホールを6ホール設定するのがぺリア方式です。隠しホールの基準打数が24になるように設定します。

アウトとインからそれぞれ3ホール隠しホールを決めますが(一般的にパー3、パー4、パー5を選ぶことになります)、その他の選び方としてはパー4を3ホール選ぶ方法があります。もしもパー3やパー5を選び、3ホールの合計が12にならなかった場合は残りのハーフで帳尻を合わせることになり、ハンディが偏るために理想的ではありません。

6ホールの隠しホールのスコアを3倍することで仮のスコアを出し、ここから基準打数合計72を引きます。この数字がハンディキャップになりますが、普通はこのまま使うことなく、このハンディキャップの8割、9割などとして使うようにしてあるはずです。

また、隠しホールで叩いた場合、ダブルボギーやトリプルボギーまででそれ以上叩いた場合はダブルボギーやトリプルボギーで処理することも一般的に行なわれます。また、ハンディキャップに上限をつける場合もあります(36など)。

ちなみに隠しホールを12ホール設定するのがダブルぺリア方式。この場合1.5倍で計算することで18ホールになりますね。

ぺリア方式の例
Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Out -
Par 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 -
Score 4 5 4 7 5 6 6 3 5 45 -
Hole 10 11 12 13 14 15 16 17 18 In Total
Par 5 4 4 3 5 4 4 3 4 36 72
Score 6 8 5 4 5 7 5 4 6 50 95

」は隠しホールです。Out・Inそれぞれ3ホールずつ計6ホールの隠しホールを設定します。計算はスタート前にゴルフ場にお願いしておくとよいでしょう。隠しホールなども当然ゴルフ場側で設定してもらえますので、各組代表者がホールアウト後、スコアをスタート室に渡すことになります。

「隠しホールの基準打数」と並べて計算すると理解しやすい。ここでは「ダブルボギーまで」「ハンディキャップの8割」「ハンディキャップ上限36」という決まりにしておきましょう。すると15番ホールではトリプルボギーなのでこれを6に置き換えて計算します。

【隠しホールの基準打数】=(4+5+3)+(5+4+3)=24打
【隠しホールの打数】=(5+7+3)+(6+6+4)=31打

18ホールの基準打数は72打ですが、計算では
【18ホールの基準打数】=24×3=72打となります。
【18ホールの打数】=31×3=93打となります。

次に仮ハンディキャップを出します。
【18ホールの打数】-【18ホールの基準打数】=93-72=21

ハンディキャップの8割とすると
【仮ハンディキャップ】×0.8=21×0.8=16.8

ハンディ16.8は上限値36にはかかりませんので、16.8がハンディキャップになります。それではネットスコアを出しましょう。

【ネットスコア】=【グロススコア】-【ハンディキャップ】=95-16.8=78.2

ネットスコアは78.2ということになります。これで集計されることになります。もしもハンディキャップが37や40だったとしたら上限値を設定していましたので一律で「36」になります。

このページは、作成時点の情報です。ご了承ください。

関連記事/リンク