1. ゴルフな気分
  2. ゴルフ用語集
  3. 「き」一覧
  4. キャロウェイ方式【Callaway system】

キャロウェイ方式【Callaway system】とは

ライオネル・キャロウェイ氏が考えたハンディ方式です。グロスのスコアと最も悪いスコアに応じて査定表でハンディキャップを決める方法です。また、変則キャロウェイ方式は対象ホールを予め決めておいて計算します。

キャロウェイ方式
グロススコア ハンディ計算式
  69以下 70 71 72 ハンディなし 0です。
73 74 75     最悪スコア1つの1/2
76 77 78 79 80 最悪スコア1つ
81 82 83 84 85 最悪スコア1つ+次に悪いスコアの1/2
86 87 88 89 90 最悪スコア2つ
91 92 93 94 95 最悪スコア2つ+次に悪いスコアの1/2
96 97 98 99 100 最悪スコア3つ
101 102 103 104 105 最悪スコア3つ+次に悪いスコアの1/2
106 107 108 109 110 最悪スコア4つ
111 112 113 114 115 最悪スコア4つ+次に悪いスコアの1/2
116 117 118 119 120以上 最悪スコア5つ
-2 -1 0 +1 +2 調整スコア

※これ以降、グロススコア・計算式が繰り返されます。できれば、「グロススコア110」くらいまでで区切っておきたいところです。もしもダブルパーを打ったホールがあったとしても、トリプルボギーとして処理したり、最大でハンディ30とか36とか上限を設けることもいいでしょう。

キャロウェイ方式の例
Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Out -
Par 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 -
Score 4 5 4 5 7 6 6 3 5 45 -
Hole 10 11 12 13 14 15 16 17 18 In Total
Par 5 4 4 3 5 4 4 3 4 36 72
Score 6 8 5 4 5 4 5 4 6 47 92

上の査定表を使ってみましょう。この例ではグロススコアが92ですのため、調整スコア「-1」を取り出します。92では「最悪スコア2つ+次に悪いスコアの1/2」ですから、最悪スコア2つは、11番ホールの8と五番ホールの7になります。次に悪スコアの1/2は6ですから、6の2分の1で3になります。

【ハンディ】=(-1)+8+7+6/2=17
【グロススコア】:92、 【ハンディキャップ】:17、【ネットスコア】:75

以上にようになります。これを見ても分かるように、そこそこのスコアでラウンドするプレーヤーが、不正をしようと思えば簡単にできてしまうハンディキャップ算出方法です。

すべてのゴルファーが不正をしないと信じたいところですが、一般的なコンペなどで、どうしても欲しい優勝賞品があった場合、スコアと照らし合わせてわざと1つのホールでたくさん打つことも考えられます。

そんなこともあり、変則キャロウェイ方式のほうが皆に平等です。こちらはいくつかの隠しホールを設定することで不正を防止することができます。

このページは、作成時点の情報です。ご了承ください。

関連記事/リンク