1. ゴルフな気分
  2. ゴルフ用語集
  3. 「し」一覧
  4. シャンク【Shank】

シャンク【Shank】とは

アイアンやウェッジのネック寄りにボールが当たり、真横にボールが飛んでしまうことです。

感じを出して打ったときにシャンクになりやすいです。ボールがピンに向かって飛ぶものと思って振っていますので、ボールを見失うこともあります。グリーン周りで1周することもあるでしょう。

シャンクしてしまうと頭の中が真っ白になります。コースでシャンクが出てしまったときは、応急措置としてクローズド・スタンスで打つことも1つの方法です。

「シャンクが出たら一人前」と言われた時代がありました。当時は、アイアンのヘッドが小さく、スイートスポットも当然小さかったわけです。スイートエリアがフェース面のヒール寄りに位置していたため、そのような皮肉めいたことを言われたと思います。

このページは、作成時点の情報です。ご了承ください。

関連記事/リンク