1. ゴルフな気分
  2. ゴルフ用語集
  3. 「す」一覧
  4. ストロークプレー【Stroke play】

ストロークプレー【Stroke play】とは

決められたコースのトータルスコア(グロス)やトータルスコアからハンディを引いたネットスコアで、他のプレーヤーと比較することで、最も少ないプレーヤーが優勝となる競技方法です。

1764年、セント・アンドリュースの競技会でストロークプレーの記録が残っています。(22ホールで121打)それまでの競技方法はマッチプレーが主流でした。参加者が増えてくると優勝者を決めるのにあまりにも時間(日数)がかかりすぎるため、プレーオフではストロークプレーを採用していたようです。

このページは、作成時点の情報です。ご了承ください。

関連記事/リンク