1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. タイプ別ゴルフクラブの選び方
  4. 会社経営者ゴルファー編

会社経営者ゴルファー編ゴルフクラブの選び方/クラブセッティング

会社を経営している人のゴルフは、一般的なゴルフとまた違う部分があります。取り組み方もさまざまです。本格的にゴルフをしている人の多くは会社経営者である場合も多く、これは金銭的・時間的な余裕という部分でも納得ができます。

経営者というのは、一般的な業務をこなすわけではなく「例外の原則」で動くべき地位なのです。誰にもできないことに対して対応したり先んじて行動したりしなければなりません。そのため時間があるときはあるし、ないときは全くないのが経営者なのです。

普通、ゴルフはしないのに、どうしてもプレーしなければならないのも会社経営者です。例えばチャリティーゴルフ・お祝い関係のコンペ(シングル祝いや還暦祝いゴルフコンペなど)や社会的立場上どうしても出席しなければならないコンペ(取引企業の協栄コンペ)などがそれに当たるでしょう。

ゴルフを得意にしている人にとっては営業ゴルフということもあるはずです。会社を軌道に乗せるためにもどうしても必要な案件であれば、藁にもすがる思いです。取引業者さんの大好きなゴルフに付き合うこともとても大切なコミュニケーション手段です。この場合、自分が営業することもあれば、される場合もあると思います。

もちろん、ゴルフを楽しむことを主としている人もいらっしゃいます。ゴルフ場の会員権をいくつも持っている人もいらっしゃるでしょう。そのような方は別のタイプのゴルファー編を読んでください。

ここでは、ゴルフを営業活動の一部として付き合いにウェートを置いたラウンドをされる方にゴルフクラブのお話をします。

ゴルフで営業するためにクラブのことは知っておきたい

一般的に相手がゴルフが大好きであれば、自分のセッティングはもとより取引業者のクラブセッティングについてしっかりと勉強しておくとラウンドの話ばかりではなく、とても深く話すことができます。そのためにもまずは自分のセッティングをしっかりと把握し、相手のセッティングもある程度理解できるくらいの知識は必要になると思われます。

自分のクラブが何ともつかないクラブセッティングになっていると、相手は「付き合いでゴルフに来てくれてるんだな」と感づかれてしまいます。本当に好きにならなければなりません。もしも難しい場合は、ゼクシオやツアーステージなど無難なモデルで揃えておくとそれなりに見えます。

買ったあとに自分のクラブの詳しい詳細を勉強するのもいいかもしれませんし、場合によっては自分に合っていないことを相手に気づかせることで、話がまた一つ広がりを持つ場合もあるでしょう。

その人にいわれたとおりのクラブセッティングをするのであれば、その人もあなたのことは決して忘れないわけですからお金はかかりますが、かなり密に付き合えることにもあります。立派な営業と思って間違いないです。

社会的立場上はずかしいクラブセッティングはしたくない

ある程度年配のゴルファー(シニア)であれば、社会的立場上それなりにしっかりとしたゴルフクラブセッティングが必要になります。やはりある程度メーカーとモデルが揃っている方が望ましいです。

シニア用のゴルフクラブの中で恥ずかしくないゴルフクラブを選びたいものです。シニア向けのゴルフクラブはそれほど多くありませんし、一般向けのものに比べると少し価格帯が高めになりますので理解しておきたいものです。

その中でもおススメするメーカーとブランドは、ミズノのグランドモナークヤマハのGRXなどです。また、本間ゴルフの最高クラスのクラブもおススメですが、年に数回のラウンドを健康のためにたくさんラウンドしたいと考えた場合に限りご自身に(財布と)相談すると良いでしょう。