1. ゴルフな気分
  2. ゴルフ初心者の注意点
  3. ゴルフクラブ選び編

ゴルフクラブ選び編ゴルフ初心者の注意点

初心者の方の中に、「自分のゴルフクラブでないと練習する気もしない!」とか、「何でもまずは道具から入る方だ!」とか、「憧れのプロゴルファーが使っているから」、など、どうしてもゴルフクラブが欲しいことがあります。

初心者のゴルフクラブ選びはとてもむずかしいです。一般に販売されている初心者用ゴルフクラブ(キャディーバッグまで付いていることが多いです)は、あまりおススメできません。毎回言うようですが、もしも、ゴルフはこの1回きりだ!ということであれば、知り合いに借りるか、ゴルフ場の貸しクラブを借りた方が無難です。

ゴルフクラブ選び編ゴルフ初心者の注意点/項目

初心者のゴルフクラブ選びはむずかしい

初心者ゴルファーは、数回練習するだけで上達するものです。その後はゴルフの取り組み方で変ってきますが、最初は空振りばかりしていたのにボールに当たるようになるわけですから、ゴルフを始めたばかりのゴルファーは、毎回練習のたびに上手くなります。

そんな、発展途上の中でゴルフクラブを選ぶということは大変むずかしいわけです。どのゴルフクラブセットが自分に合っているか、なんて分かるわけがありませんよね。

また、数種類の初心者用ゴルフクラブセットにまとめられても困ります。ヘッドスピードが速い人・遅い人、ミート率が初めから良い人・悪い人、ゴルフは飛距離だ!と思っている人・ゴルフはスコアだ!と思っている人と様々なゴルファーがいます。できたら自分の目指しているところのゴルフクラブを選ぶことが懸命なのかもしれません。

初心者とプロでは求めるものが違うゴルフクラブ選び

当然ですが、初心者ゴルファーは真っ直ぐな球(ストレートボール)を打ちたいわけです。それに対して、プロゴルファーはボールを支配し、コントロールしたいのです。初心者とプロゴルファーでは求めている球筋が違うことから、必然的にゴルフクラブ選びは違ってきます。

初心者でもプロのクラブが使えないかというとそんなことはありません。シャフトさえしっかりと選べば良いと思います。初心者用のゴルフクラブは、オートマティックなクラブです。多少芯を外しても、ミスにならないクラブです。

初心者用クラブは許容範囲が広く、この部分にやさしさを感じ求めているわけです。一方、プロは、ボールコントロールしやすいゴルフクラブ、すなわち、ドローボール・フェードボールを自分の思ったように自在に打ち分けられるゴルフクラブを求めています。自分の思い通りの球を打つために、上級者用のマニュアルなゴルフクラブを選んでいます。

ゴルフ初心者のゴルフクラブ選びのあれこれ

初心者用ゴルフクラブセットを購入した後に、欲しいクラブを1本ずつ買い換えしていくのも一つの手です。たいていの場合、ドライバー、アイアン、パター、フェアウェイウッド、ウェッジなどの順で買い換えていくかもしれません。最初に買い換えるのはドライバーが多いかな!コースデビューが先に決まってしまった初心者ゴルファーには良いかもしれません。

世間一般に言われているように、初心者用→中級者用→上級者用の順で買う人もいるはずです。間違いのないゴルフクラブ選びということでよく雑誌等で言われます。変えている間に変なクセが付かなければいいのですが・・・

いきなり、中級者~上級者モデルを購入する人もいます。”けん”はこれでもいいと思っています。上手くなりたいではなく、上手くなる!という気持ちさえあれば練習もがんばるものです。その場合、できたらしっかりとした目標を立てるようにしたいものです(スコアや競技ゴルフへの参加、順位)。

”けん”がそれなりにゴルフができるようになったわけですから、ほとんどの人は、上手くなるはずです。みなさんには是非自分自身に期待して欲しいと思っています。しかし、実際に上手くなるとまた欲しくなるのがゴルフクラブですから、その辺も考慮してください。

どうしてもゴルフクラブを購入したい!もちろん、ゴルフクラブのことは分からない!ヘッドスピードは仲間の中でも速い方だ、遅い方だ!ということが分かっているのであれば、シャフト選びはできると思います。マッハ速い人はXシャフト、普通に速い人はSシャフト、普通~遅い人はRシャフトでいいでしょう。あくまでも男性の場合です。

そして、左用(レフティ)のゴルフクラブがあるブランドを選んでください。左用があるということは、需要供給のことを考えて、メーカー側としても、売れているから、もしくは力を入れているからに他なりません。売れ筋の人気クラブのはずです。癖もなく購入しても失敗はないはずです。