1. ゴルフな気分
  2. ゴルフ初心者の注意点
  3. ラウンド中

ラウンド中/ゴルフ初心者の注意点

ゴルフ初心者のラウンドで注意することをお話しします。今まで練習してきた成果を出すことも大切です。そのためにも予め知っておいた方が良いことをお伝えします。

ラウンド中/ゴルフ初心者の注意点/項目

順番を決める!

ティーングランドに上がったら、まず、打つ順番決め(くじ)をします。じゃんけんでも良いですし、備え付けの”順番を決める棒”で決めてもけっこうです。この辺は、ゴルフ初心者なので、初心者同士のラウンドではないはずですから、ゴルフ経験者に任せておいて良いでしょう。1番最初に打つ人をオナーといいます。オナーになったら「最初で最後のオナーだな」という決まり文句で緊張感を解いてください!?

OBを打ってしまった!暫定球

OBを打ってしまったら、必ず「暫定球を打ちます。」と言いましょう。ボールの番号とOBのボール番号も言うとなお良いです。この辺は、ルールブックにお任せします。なお、ルールブックは、お近くの書店のスポーツ・ゴルフコーナーに必ずといってよいほど、置いてあります。ラウンド前に読んでも分かりにくいはず。できたら、イラスト付きのルールブックを読んでおくと良いでしょう。なお、年度の新しいものを選んでください。ルールですから時折変ります。

OBした後に、わざわざボールをキャディバッグに取りに行かなくて良いように予備のボールを数個ポケットに入れておいて下さい。当然ですが、ティーも入れておいて下さい。

ミスショットした!数本持って小走りで

初心者ゴルファーに限らず、ミスショットしたときは、ボールのところの手ぶらで行かないようにしましょう。必ず、使うであろう数本のクラブを持って行って下さい。ボールのライを確認してまた、クラブを取りに行く、これでは届かないとまた変えに行く、・・・では、進行の妨げになってしまいます。初心者のうちは、小走りで急ぎたいものです。初心者ゴルファーは、体力も使いますよ。

スコアを付ける!スコアカウンター

ゴルフ初心者のときは、打数を数えれなくなります。できれば、スコアカウンターを用意しておいた方がいいでしょう。ゴルフショップに売ってあります。気の利いたゴルフ場では中のショップにも売ってあることがあります。しかし、もしものために、先に購入しておいて下さい。それでも忘れてしまった方は、打つたびに、スコアカードに「正」の文字で数えるか、お金(1円玉)を右ポケットから左ポケットに入れたりしましょう。

しかし、いちいち、ポケットに手を入れるより、ベルトに取り付けるタイプや腕時計式のスコアカウンターが一番良いです。500円前後で買えるはずです。ちゃっちーですがとても便利です。ゴルフのラウンドだけでも頭がいっぱいなのにスコアまでとなると混乱してスコアの計算ミスをしてしまいますよ。

打った後は砂をまく!目土

コース間に砂が置いてあるはずです。これを目土といいます。初心者ゴルファーであれば、そこまで気が回らないかもしれませんが、キャディさんがあなたがボールを打った後にできたディボットに目土をしているはずです。やり方は簡単ですし、みんなが使うコースです。慣れてきたら、目土をするようにしてください。

グリーン上のボールマーク跡

グリーン上にできたボールマークは、自分で直しましょう。グリーンホークを使い外側から内側に向かって寄せる感じで直し、最後にパターでトントンという具合に均してください。グリーンホークがなかったら、ロングティーを使っても良いです。できたら自分専用のものを購入しておくと、グリーンを労わる気持ちが沸々とわいてくるはずです。

こまめに水分補給を!熱射病に注意

ゴルフは炎天下でのラウンドもしばしばです。帽子をかぶることは、日差しから頭を守ると同時に、万が一ボールが頭を直撃したときのためにもかぶる必要があります。また、水分をこまめに摂取するようにしましょう。がぶ飲みもいけないそうです。あくまでもこまめに!

昼食時のアルコールは控えめに!ゴルフ初心者にありがちです

ようやくハーフ(9ホール)が終わると、レストランで昼食を取ることが一般的です。場合によっては、18ホールスルーでラウンドして、ホールアウト後、遅い昼食の場合もあります。

初心者ゴルファーにありがちなことは、コース内のレストランで、宴会を始めてしまうことです。レストラン内のまわりの方にも迷惑がかかりますし、午後のラウンドで、全ての方に迷惑をかけてしまうことがあります。その辺は、肝に銘じておいたほうが良いでしょう。コンペ自体が、出入り禁止になる可能性もあります。