1. ゴルフな気分
  2. ゴルフボールの選び方

ゴルフボールの選び方

ゴルフボールの選び方ってどんな方法があるのでしょう。これだけたくさんのボールの中から自分に合ったボールを探し出すのは大変な作業です。ゴルフボールに求めるものは何ですか?

飛距離を求めるゴルファーにとってディスタンス系(飛距離の出るゴルフボール)は正しくそれであり、ボールを止めたいゴルファーにとってスピン系であり、飛距離もスピンも求めてしまう欲張りなゴルファーにとってはその中間のデュアル系といわれるゴルフボールだったりします。

最近のゴルフボールはゴルファーの短所を補ってくれますし、長所を伸ばすことだってできるのです。しっかりと自分に適した理想のゴルフボールを選ぶことでみなさんのゴルフスタイルも大きく変わるはずです。ここではゴルフボール選びのポイントについて解説します。

ゴルフボールの選び方/項目

メーカー・モデルを統一する

クラブとのマッチング、自分自身とのフィーリング。ゴルフボールはパッと見た目、変わらないものに見えますが、その性能は1つ1つ個性があり違いがあります。お気に入りのボールを1つ決めたらそれを使い続けることが大切です。

ゴルフボールをラウンドのたびに変えるゴルファーもいますし、場合によっては、1ホールごとに、OBごとに変えるゴルファーだっているわけで、これでは、ボールの性能を見極める前に自分に合っているのかどうかなど分かるはずがありません。

しかしながら、ようやくボールのクセを理解できたり、慣れてきたり、自分に合っているボールを見つけ出したりしても、メーカー側が毎年たくさんの種類のボールが開発されるわけですし、この早変わりが、ゴルファーにとっては嬉しい反面、逆の意味でゴルフボールの選択を複雑にしているのです。

ゴルフボールはメーカー・モデルを統一することが大切です。毎回違うフィーリングではショートゲームが安定しません。

ゴルフボールは1つ1つ違う

ゴルフボールは、硬さ(コンプレッション)の違いや構造(糸巻きや2ピース、多重ソリッドと言われるもの・ディンプル)の違いなどがあり同じボールでも中身や性能が全く違うものばかりです。それだけに自分のフィーリングに合ったものをで選ぶことはとてもむずかしいのです。周りのゴルファーが「このボール飛ぶんだ、使ってみて!」と言われても、そのボールがあなたに合っているとは思えません。

ドライバーでティーショットするときは飛距離を求めます。セカンドショットをアイアンで狙うときは、縦の距離の正確性を求めます。アプローチショットが残ってしまったらスピンの利いたアプローチを見せ付けたいわけですし、パッティングは、柔らかい感覚で打ちたい人やグリップに直接つたわるような硬いボールを好む人もいるんです。ひとりひとりヘッドスピードも違えば、所有しているゴルフクラブもスイングも違うのです。

それなのに、ゴルファーがたった1つの同じボールを使用することは全くもって理解できない部分であり、仮に同じボールを使う同伴者がいれば、それは本来、奇跡に等しいことなのかもしれません。

ただ、一つ分かっていることは、ゴルフではティーショット、セカンドショット、アプローチ、パッティングまでクラブは変えてもボールは同じということです。それだけにゴルフボール選びはスコアに大きく影響するのです。

ゴルフボールで飛距離が伸びた!?

ゴルフクラブによって飛距離が伸びたと思われがちですが、ゴルフボールによるところが大きいといわれています。ゴルフが始められた初期には、ゴルフボール(フェザーボール)はとても高価なものだったそうです。そのためがフェザーボールからゴム製のボールに変わったときは、ゴルフのスイングも変わると同時にゴルフクラブも変化していったそうです。

これは昔のお話ですが、近年のゴルフにおいても同じことが言えます。ここ十数年ゴルフボールの開発・進化が飛距離の大きく影響したことは間違いありません。

ゴルフボールをお探しなら