1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. 初心者編
  4. ゴルフクラブの種類

初心者編ゴルフクラブの種類

「初心者だからゴルフクラブの種類から!」ゴルフは道具を使って行なうスポーツです。他のスポーツでも道具を使いますが、ゴルフほど道具に頼るスポーツも珍しいですね。

プロゴルファーでもアマチュアゴルファーでもゴルフをされる方はみんなクラブに懲ります。キャディさんだけが唯一の味方でゴルフクラブという”武器”を駆使して大自然と戦うことになります。

キャディバックの中に何本もクラブを入れることはできません。本数はルール上14本と規定されています。(14本までなら同じものを入れても可)

初心者編ゴルフクラブの種類/項目

ドライバー/1番ウッド

飛距離が一番出るクラブです。ティーアップして打ちます。最近はウッド(木)ではないのですが、ウッドという名前はいまだに残っています。ウッド~メタル~チタンとクラブヘッド素材も変わってきました。長さも一番長く、むずかしく感じるクラブ。

フェアウェイウッド/3番ウッド~

主に距離を残した2打目に打ちます。ドライバーと比べると地面から打てるようにフェースの高さも薄くなっています。また、ドライバーよりやさしいので、むずかしいホールや距離の短いティーショットなどティーアップして打つこともあります。現在は11番ウッドなども発売されており、打ちやすく上がりやすい特性を生かし、アイアンの役割として使う方も増えてきました。

ユーティリティ

ユーティリティはアイアンとウッドの中間のクラブと思っていいでしょう。ここ数年で飛躍的に使用する方が多くなったクラブです。少し違いますが以前は”たらこアイアン”なんて呼ばれていました。ユーティリティにも大きく分けて2種類あり、形状がアイアンに近いユーティリティをユーティリティアイアン。形状がウッドに近いユーティリティをユーティリティウッドと呼ぶ場合もあります。

アイアン

グリーンを狙うときに使うクラブです。クラブの本数14本のうち多くを占めるのがこのアイアンで番手ごとに狙う距離が違います。3番アイアンと9番アイアンでは3番のほうが良く飛びます。それだけクラブのフェースの角度が立っていて、クラブ長も長くなります。9番アイアンになるにつれ飛距離がなくなり前進する力より浮上する力のほうが大きくなり高くあがります。

ウェッジ

主にアプローチで使います。グリーン近くで正確に方向と距離を揃えたいときに使います。またトラブルショットでも利用します(バンカーなど)。打ち方によってはバックスピン量が大きくなり、バックスピンがかかることも良くあります。

近年ウェッジはノーメッキ仕上げ・ガンブルー処理・ローバンスなど好みに応じてたくさんの種類のものが発売されるようになりました。主にウェッジはサンドウェッジ(SW)アプローチウェッジ(AW/PS)ピッチングウェッジ(PW)ロブウェッジ(LW)などを指します。

パター

グリーン上でボールをカップに入れるために使います。近年では中長尺パターという今までのものより異常に長いパターを使うプロも増えてきました。長さ以外にもヘッド素材もたくさんあります。また、ピン型、マレット型(かまぼこ型)、L型などとパターにもたくさんの種類があります。

ゴルフクラブには名前が付いている

ゴルフクラブにはそれぞれ名前が付いています。一般的に使わない言葉などもありますが、一通り目を通しておくとよいでしょう。

ゴルフクラブの名前
番手 名前
1番ウッド ドライバー
2番ウッド ブラッシー
3番ウッド スプーン
4番ウッド バフィー
5番ウッド クリーク
1番アイアン ドライビングアイアン
2番アイアン ミッドアイアン
3番アイアン ミッドマッシー
4番アイアン マッシーアイアン
5番アイアン マッシー
6番アイアン スペードマッシー
7番アイアン マッシーニブリック
8番アイアン ロフター
9番アイアン ニブリック