1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. 初心者編
  4. ウェッジの選び方

初心者編ウェッジの選び方

初心者用のウェッジ選びを考えて見ましょう。まず一番多いのが、アイアンのフルセットにそのままついているサンドウェッジ(以下SW)アプローチウェッジ(以下AW。PSともいいます)ピッチングウェッジ(以下PW)を使うことです。個人的にはこれでもいいと思います。そのうち揃えたらいいわけですからね。これホント!

ウェッジといってしまうとここで終わってしまいますので、”そのうち揃える時期”がきたときのお話をしますね。ある程度上達すると必ずといっていいほど欲しくなりますし、懲りたくなるのがウェッジです。

私はゴルフクラブマニアでしたから何を隠そうウェッジについても同様でした。買いまくりましたし、自分でガンブルー処理していました。結構たいのしいのでみなさんも慣れてきたらやってみるといいでしょう。

PWはアイアンのセットに入っているものでいいと思います。替えるウェッジはSWとAWです。この2本がガンブルー処理してあったり、他のアイアンと違うと何か上級者気分になれます。また、一番大きいのは気持ちの変化です。・・・練習するようになります。

初心者編ウェッジの選び方/項目

メーカー・ブランドを統一しよう!

SWとAWはできるだけ同じメーカー同じブランドで揃えたほうがいいでしょう。アイアンのメーカー・ブランドと統一する必要はありませんよ。バランスやシャフトフレックス、長さ、ロフト角などスペックを考慮すると統一したほうがいいと思います。

バンス角度は多いほうがいい!

SWを中心にウェッジを選びましょう。SWを選び、そのシリーズのAWを購入するようにしましょう。ゴルフクラブにはバンス角というものがあります。バンス角とは水平なところにクラブの底をベタッとくっつけたときにリーディングエッジが水平なところとのなす角です(正確ではないですがそんな感じです)。どれだけ離れているのか定規を当てると分かります。すべてのクラブにありますが、ウェッジになるほど大きくなります。ローバンスなど最近では流行っていますが、これはダメです。そのうちなくなると思いますよ。多分!バンス角は多いほうがいいです。ローバンスで6°くらい大きいもので14°くらいあります。

理由はバンカーから脱出しやすいからです。簡単に脱出できるわけですから、あとは距離を合わせる事に集中できますよ。これがローバンスならどうでしょう。脱出することに一生懸命になってしまいます。距離感を欲張ると脱出できないこともよく見ます。

バンカーではバンスを利用して打つことがほとんどです。エクスプロージョンといいますが、砂を爆発させて砂といっしょにボールを出します。バンスが大きいとエクスプロージョンがしやすいです。初心者の方は何を言っているのか分からないってお思いかもしれません。

と思ってください。

練習したり経験したりすると分かってくると思います。レッスン書などを見てもこの部分だけはそれぞれの感覚でレッスンされているようです。しっかりとした根拠がないのが現実です。「プリンをスプーンですくうように打つ」とか「お札分の大きさ砂ごと打つ」とかとても抽象的です。

私の感覚は「モーターボートが海上でパンパンと跳ねる感じ」といっときましょう。もっと抽象的でした。

シャフトは重いスチールがいいよ!

シャフトですがスチールシャフトがいいでしょう。アイアンでカーボンシャフトを使っているけどっていう方もスチールでいいと思います。アイアンとの流れは考えなくていいと思います。また、重量は重めがいいです。私はシャフトにダイナミックゴールドのS400という重いシャフトにしています。アイアンのシャフトを変えても、ウェッジだけは変えません。S400オンリーなんです。

アプローチなどショートゲームに使うわけですから、飛距離よりも方向性重視です。クラブが重いとスイングがブレにくいからです。軽いものを使うと小手先で操作してしまうからです。

ウェッジのスピン性能

2010年1月1日メーカーから製造されるニューゴルフクラブについては、新しい溝規制が行なわれます。ロフト角度が25度以上のクラブに対して適用されますので現在のアイアンに照らし合わせると5番アイアンくらいでしょうか。

とくに、これまではウェッジのスピン性能が凄すぎたので「ラフからのショットとフェアウェイからのショットで差がない」という理由で規則が改正されたわけです。詳しいことは下記を参照してください。

デザインは自由!ノーメッキ・オイルカン仕上げ・ガンメタ・ガンブルーなど

デザインは自由でいいと思います。ノーメッキのほうがメッキ仕上げより、打感がやわらかいといられますが、実際は人間には感じることのできないほどの感覚だそうです。

しかし、着色されていると、まぶしいときにも使えますし、黒色などはヘッドが小さく見えて、集中できるとも言われていますので、その辺も考慮にいれてみてはいかがでしょうか?自分で選んだものだと大切にしますし練習しますよ。

ノーメッキの錆が出てきて気になるのであればガンブルー処理をご自分でしてもいいでしょうし、初めからさびにくいガンメタなんかもカッコいいです。しかし、その錆もだんだんカッコよくみえてくるんですよ。

以上が、初心者の方に私が言いたかったウェッジの選び方です。参考にしてください。

ゴルフクラブの選び方
人気ウェッジメーカー
ゴルフ全般知識満載
人気ゴルフ用品