1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. タイプ別ゴルフクラブの選び方
  4. 幼稚園児編

幼稚園児編ゴルフクラブの選び方

幼稚園児のゴルフクラブの選び方について解説します。ジュニアのゴルフクラブは最近になっていくつかのメーカーで販売されていますが、あまり代わり映えしないのが実情です。

かわいいお子さんにゴルフをさせようと考えているお父さん、お母さん。石川遼選手のようなプロゴルファーにしたいと考えている場合もあるでしょう。また、将来は子供といっしょにラウンドしたいと考えている人もいるはずです。

幼稚園児にはスナッグゴルフがおススメ

幼稚園の園児には迷わず、スナッグゴルフをおススメします。私も子供にゴルフをさせようと考えてクラブを購入しました。3番ウッド、7番アイアン、PW(ピッチングウェッジ)、パターの4本セットだったのですが、幼稚園児にはとても危ないのです。

少し目を離すと石コロをボール代わりに打ち出しそうで怖いです。また、下がコンクリートだろうとアスファルトだろうとお構い無しです。せっかく買ったクラブもすぐにボロボロになります。とくに高価なものではありませんが、やはり道具は大事にしてもらいたいものです。

それだけにスナッグゴルフはおススメです。何より安全です。そして子供心をくすぐる遊び感覚が満載です。自然にゴルフというスポーツに入っていくことができるようです。最近ではプロのトーナメント会場でも当たり前のようにスナッグゴルフコーナーが設置してあります。

スナッグゴルフもそれなりに重さがありますが、重さで手首を傷めることも少ないはずです。これはグリップの太さが原因だと思われます(個人的に)。ジュニア用のゴルフクラブといっても、幼稚園児にしてみればズッシリと重いのです。

ここで一生付き合うような変なクセを付けたくないと親であれば考えるはずです。オーバースイングになってしまうことだってありますし、ダフって手首を傷めることもあります。スナッグゴルフであれば安心です。少し太めのグリップは子供感覚でもしっかりと握れるので安心ですし、的当てだって子供にしたら十分大人感覚なんです。

室内でもできるスナッグゴルフ

私はミニバレーチームを持っていて週2回ほど体育館を利用しています。そこでスナッグゴルフをさせたりしています。とても楽しそうですし、これであれば室内でも十分楽しめます。とくに幼稚園児くらいであれば目の届く範囲で遊んでくれますので助かります。

また、お母さんがいっしょに楽しんでもいいかもしれませんが、周りに誰もいないことを確認して楽しんでください。お父さんは止めましょう。おそらくかなり熱くなると思われるからです(笑)。

スナッグゴルフ/クラブサイズの目安

スナッグゴルフはこれ