1. ゴルフな気分
  2. ゴルフコンペ幹事の役割
  3. ゴルフ場の予約は早めに

ゴルフ場の予約は早めに/ゴルフコンペ幹事の役割

コンペを開催することになったら早速ゴルフ場を予約しましょう。ここではゴルフ場の予約のポイントを解説します。

ゴルフ場の予約は早めに/項目

大きなコンペは早めの予約を

小さなコンペ(少人数)であれば多少のゴルフ場への組み込みも交渉できますし、どうしても予約ができないのであればフットワークを活かし、他のコースに変更することもできます。

しかし、大きなコンペになるとむずかしくなりますね。開催日はできるだけ参加メンバーが都合のいい日。言い換えればたくさんの参加者が出場できる日になるわけです。実は開催日を決定することは簡単なことなのですが問題になるのはゴルフコースの予約確保なのです。

参加メンバーの都合が良い日は一般のプレーヤーも都合が良い日で早くから予約でいっぱいになっていることがあるからです。いっぱいでなくても飛び飛びで予約が入っていたら私たちのコンペの間に入ってラウンドすることになりかねません。

10組以上のコンペであれば、Out・In同時スタートすることによって、最終組の待ち時間、上がった後の最初の組の待ち時間が短くなります。そんな配慮も必要になってきます。もちろん、賞品(ドラコン・ニアピン)は倍になってしまいますが、次回コンペのことも考えてコンペの流れをスムーズにしたいものです。

予約時期

一般のゴルフ場は2ヶ月前からの予約ですが、大きなコンペであれば早くからゴルフ場から連絡がきたりします。これはカレンダーに掲載するためです。しかし、ここでは大きなコンペといっても10組~30組程度のコンペを想定していますので今回は触れません。カレンダーに掲載するようなコンペはゴルフ場が主体で行なってくれますので楽ではあります。オープンコンペなどがそれにあたります。

10~30組のコンペでも2ヶ月と言わず、もっと前から連絡を入れておきましょう。仲のいいゴルフ場であればいつでも確保してくれます。また、そうでなくても前もって連絡を入れておくことはとても重要です。

「○月○日にそちらでコンペをしようと思っていますが、大きなコンペとか入ってませんか?」と聞くだけでいいのです。良心的なところはそのとき確保してくれます。

定期的なコンペで、開催するコースが度々変わるような場合は、ゴルフコースへのアクセス方法を前もって準備していると良いでしょう。案内するときにいっしょに同封したり印刷しておけば場所を知らない人には大変助かります。また、アクセス方法も複数用意できるのであればそうしたいものです。それに伴い交通料金なども含めることができれば完璧です。