1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. ドライバーの選び方
  4. タイトリスト
  5. タイトリストドライバー907D1・D2について

タイトリストドライバー907D1・D2について

タイトリストドライバー 直進力の907D1、操作性の907D2 どちらを選ぶ!

2007年ようやくタイトリストのドライバーが発売されました。「タイトリスト907D1」と「タイトリスト907D2」です。この2つのドライバーはそれぞれ特徴があります。

操作性で選ぶなら「タイトリスト907D2」

まずは、「907D2」の説明から、オーソドックスな形状のヘッドになっていて、操作性に優れています。460cc大型ヘッドで慣性モーメントを高めた形です。安定した飛距離はもちろんのこと、非常に優れたボールコントロール性能を持ち合わせています。

タイトリストらしくマルチマテリアル・デザイン(ボディには、キャスト・6-4チタニウム、フェースインサートにはSP700ベータ・チタニウム、ホーゼルには6061-T6軽量アルミニウムを採用)やテーパード・フェースインサート(ソールからトップに向かってフェースインサートを薄くし理想的な反発力を発揮、高い打ち出し角、低スピン、高初速を実現)など、タイトリストのテクノロジーが一体化。伝統的なヘッド形状で高い慣性モーメントを保ちながらも優れた操作性を誇ります。

直進力の「タイトリスト907D1」を選ぶ!

形状が三角形の形をしたドライバーです。ヘッドの大きさは907D2と同じく460ccで、ヘッド形状を三角形にしたことで(トライアングル・ジオメトリー)、最大級の慣性モーメントを実現しています。芯を外しても扱いやすく安定した飛距離が期待できます。

また、大きくなったフェースがショットのときに安心感をもたらし、幅広いゴルファーに直進性のある安定した弾道と飛距離が期待できます。

タイトリストドライバーの紹介

タイトリスト/売れ筋ドライバー



こちらにご紹介しているタイトリストドライバーはごく一部になります。商品がなかったらこちらのサイトを覗いてみてください!(ほかのスペックなど)タイトリスト/ドライバー

GDO】【二木