1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. フェアウェイウッドの選び方
  4. 方向性重視

方向性重視/フェアウェイウッドの選び方

フェアウェイウッドは方向性重視!コントロールしてグリーンにオン。狙ったサイドに運びたいときは下記の項目を比較してみてください。あくまで一つの指針としてみてください。

方向性重視/項目

慣性モーメントの大きいフェアウェイウッドを選ぶ

慣性モーメントが大きいとインパクト時クラブヘッドがブレにくくなります。この慣性モーメントが大きいとボールが当たってもヘッドがそのままの状態を持続しようとします。簡単に言うとフェースの向きが変わりにくくなり方向性が増すということになります。

フェアウェイウッドの慣性モーメント

慣性モーメントには2つあり、ネック回りの慣性モーメントヘッド左右の慣性モーメントです。どちらも方向性に影響しますが、ヘッド左右の慣性モーメントの方は大きく影響します。これはどのクラブに関してもいえることです。

重心角の大きなのフェアウェイウッドを選ぶ

重心角の大きなフェアウェイウッドはつかまりがよくなります。つかまり良いということは逆球の心配が少ないので、一方向だけに集中できるということにもつながるかもしれません。つかまり良いと飛距離も伸びます。

重心角度

しかし、フッカーの方が使うとつかまりすぎることだって考えられますので、ご自分のスタイルに合った重心角度を選ぶべきでしょう。参考までに。

重心距離の長さでフェアウェイウッドを選ぶ

重心距離が長いとクラブヘッドが返りにくくなります。フッカーに向いているといわれています。重心距離が短いとクラブヘッドが返りやすく、スライサー向きと言われています。

フェアウェイウッドの重心距離

重心距離とはシャフト線(軸)の中心から線を延ばし、ドライバーヘッドのフェース面重心位置からシャフト線に垂直におろした線の長さで、スライス対策・フック対策としても覚えておくとよいでしょう。