1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. アイアンの選び方

アイアンの選び方/ゴルフクラブの選び方

アイアンを選ぶポイントについて徹底解説。自分に合ったアイアンを探しましょう。飛距離が欲しい、弾道を高くしたい、もっと方向性を上げたい、右に飛び出しやすい、ライ角の選び方、ロフト角度、シャフトなどアイアンを選ぶときに参考にしてください。

アイアンの選び方/項目

人気アイアンメーカー

自分に合ったアイアンの選び方

自分に合ったアイアンの選び方って何でしょう。アイアンに何を望んでいるのか決まっていますか。足りない部分を補うためのアイアンであれば具体的なことが分かっているので選ぶこともさほど難しいことではありません。一般的に考えたときアイアンを選ぶ理由として挙げられるのは以下です。

だったりするわけです。本来であれば、狙った目標(ターゲット)へボールが運べるアイアンを選ぶべきなのですが、上記の理由の方が重要になってしまうのが現実です。ただ自分が欲しいアイアンを手に入れることができれば、練習にも身が入りゴルフが今よりもっと楽しくなるはずです。

自分に合っているアイアンということは、スコアに直結しなければ何の意味もありません。所有感だけでアイアンを買うこともありますが、できればそのアイアンを使いこなしたいものです。

ヘッド形状からアイアンを選ぶ

アイアン選びのポイントの一つにヘッド形状があります。アイアンのヘッドは近年キャビティバッグアイアンの台頭が目立っていますが、他にいくつかのヘッドの形をしたアイアンがあります。詳しく説明していきます。

キャビティアイアン

キャビティアイアンキャビティアイアンは近年とても進化しました。重量配分を変えることによって大型ヘッドを可能にし、スイートスポットを広げる事ができました。

最近は行き詰まりの傾向がありますが、マイナーチェンジをしてメーカーから発売されています。

マッスルバックアイアン

マッスルバックアイアン以前ほど難しさを感じません。今から始めるのであればマッスルバックがいいと思います。スイングが良くなりますし、ドライバーなど他のクラブにも影響を与えられると思います。

マッスルバックアイアンは別名フラットバックアイアンとも呼ばれています。打感だけではなく所有しているだけで上手くなった気分にもれるアイアンです。

ハーフキャビティアイアン

ハーフキャビティキャビティ/ポケットキャビティのようなやさしさに飽きた!マッスルバックのような打感と操作性がほしいという欲張りな方はハーフキャビティもいいと思います。

実はプロはハーフキャビティを使っていることが多いです。しかし、キャビティとの線引きがむずかしいので最近はキャビティの中のひとつに なっているのかもしれません。

中空アイアン

中空アイアン中空アイアンは以前のような気になる厚みが改善されてきました。また、重そうで見た目のギャップを感じていましたが、これも今は感じません。

中にはマッス ルバックと変わらない感覚なのに飛びは中空アイアンという良いとこ取りのアイアンも発売され始めました。感覚的には打ったときにとても抜けが良い感じがします。

アイアンの重さから選ぶ

スイング中、重さを感じるときに影響を与える1つの要素にシャフトがあります。これまでのアイアンはシャフトの種類が選べず、最初から挿してあるシャフトを使っていたのです。選ぶことができた部分はシャフトフレックス(S、SR、Rなど)くらいなものでした。

カーボンシャフト全盛時代からスチールシャフトが復活を遂げ、ダイナミックゴールドやNSプロなど大人気になり現在ではある程度、人気も定着している感じです。アイアンには安定感が必要なだけに、しばらくはこの状態が続くのではないでしょうか。

もちろんカーボンシャフトも過当競争の中、進化を続けています。多種多様なグラファイトシャフトが開発され信じられないくらい軽いシャフトから重いシャフトまでどんなニーズにも応えられるくらいの豊富な種類があります。

軽いシャフトは危険

シャフトが軽くなるとクラブ重量に占める割合の大きいシャフトですからクラブ重量はとても軽くなります。ただ、ここではあまりおススメできないのが軽いアイアンです。軽いアイアンは一時的にみれば気持ちよく振りきれるためヘッドスピードも上がり、それに伴い飛距離アップにつながります。

しばらく使い続けると軽いアイアンに慣れてしまい元に戻ってしまうのです。また、軽いアイアンは小手先で操作することができてしまうため手打ちのスイングが身についてしまいます。

アイアン(シャフト)の選び方は「振れる範囲内で重いアイアン」が鉄則です。重めのアイアンを選ぶことでスイング中にクラブの位置を体で感じ取れるようになります。本当の意味でアイアンを操作することになるのです。

重いアイアンは手打ちではどうすることもできません。体全体を使わなければ振れないので結果的に大きな筋肉を使うことになります。軽いアイアンを使うと緊張した場面ではあまりにも敏感に反応してしまいます。重いアイアンで”鈍感な大きな筋肉”を使うことで再現性に優れたスイングが可能になるはずです。

アイアンは飛距離を求めるクラブではなく距離を刻むことが目的のクラブということを忘れてはなりません。飛距離が欲しければ番手を上げればよいだけのことです(あとは見栄だけです)。そこのところを理解していなければ、ただ飛ばすだけのギアになって、いつしか使い物にならない道具になってしまいます。

やさしいアイアンむずかしいアイアン

アイアンに限らずクラブのむずかしさは、使う側の技量や好み、スイングの相性などによって違います。単純に飛距離を求める人にとって飛ぶアイアンを選ぶことにやさしさを感じますし、ミート率の悪い人にとってはスイートスポットの広いアイアンにやさしさを感じるはずです。このように選ぶ側の求めていることを満たすことができれば、それが「やさしいアイアン」ということになるのではないでしょうか。

アドレスしたときに違和感を感じるアイアン

アドレスしたときの構えやすさもアイアンのやさしさに求める部分です。構えにくさは結果的にミスショットになる可能性が高くなります。

私の親友は全体的に丸みのあるヘッドを嫌う傾向があります。尖った刃物のようにシャープなヘッド形状でなければ使用しません。それはマッスルバックだから、キャビティバックだからということは関係ありません。単に丸みのあるヘッドでは、ボールの下にヘッドが入るイメージが湧かないという理由です。

個人的にもこだわりはあります。ヘッドは小ぶりで全体的に重量感がほしいのです。お気に入りのシャフトとのマッチングも気になりますし、打感も自分のイメージをしっかりと持っています。

アドレス時、違和感を感じるアイアンはむずかしいアイアンになります。飛距離が出そうにない、曲がりそう、重たいなどアドレスから感じとることができる感覚は意外におろそかにしがちなアイアン選びのポイントです。

使う人によって「やさしさ」が「むずかしさ」になる

メーカーもモデルも同じアイアンでも使う人によって、やさしく感じたり難しく感じたりします。例えば、トッププロが使用するアイアンを私たちが使うととても振れるものではなかったりするかもしれません。むずかしいアイアンになります。

逆にトッププロが私たちのアイアンを使うと狙った球筋が打てずシャフトも合わないはずです。いくらトッププロとっても明らかに自分に合っていないアイアンを選ぶとある意味で難しいアイアンになるのです。

一般の男性がレディースのアイアンを使用するとヒッカケなどのミスショットが出ます。とてもラウンドで使えそうもないと感じるはずです。一般男性からみるとレディースのアイアンはやさしすぎるがゆえにむずかしいアイアンになるんです。

セットアイアンやハーフセット

アイアンセット

近年、アイアンのセット内容は5番~9番、PWの6本セットが主流です。以前は3番から始まる8本セットでしたし、その前はウェッジまで含めた10本セットが主流だったのです。現在はロングアイアンの距離はユーティリティーやフェアウェイウッドにまかせ、ウェッジはセットから外れ好みのもの選ぶことが一般的です。

アイアンのストロングロフト化に伴い、番手の飛距離も様変わりしています。そのため以前であれば7番アイアンはショートアイアンというイメージでしたが、現在ではどちらかというとミドルアイアンになっているようです。そのため3番アイアンなどのロングアイアンはセットに入らずオプションになっているのです。

アイアンセットの変化

ハーフアイアンセット

ハーフクラブは飛び飛びの番手(たとえば5I、7I、9I、PW、SW)。初心者用みたいな感じでいわれますが、非力なゴルファー向けではないでしょうか。たとえば7番と8番アイアンの飛距離の間隔が5ヤード程度だとショットの許容範囲に入ってしまいかねません。

あまり変わり映えのしないクラブばかりがキャディーバッグに収まることになります。番手の間を1本抜く事により10ヤードにできます。非力な方はハーフのクラブセットにフェアウェイウッドやユーティリティを充実したほうがいいと思います。