1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. アイアンの選び方
  4. 右に飛び出しやすい

右に飛び出しやすい/アイアンの選び方

ボールが右方向に飛び出しやすい方は、つかまりの良いアイアンを選んでみてはいかがでしょうか。アイアンで右へ飛び出すということは飛距離も方向性もイマイチ納得いかないことでしょう。下記の項目を比較してみてください。あくまで一つの指針としてみてください。

右に飛び出しやすい/項目

フェースプログレッションの小さなアイアンを選ぶ

フェースプログレッション(FP値)とはシャフトの中心から線を延ばし、フェース下部のリーディングエッジまでの距離をいいます。アイアンの場合この値が小さいとグースネック。「グースがおおきいね!」っていいます。

アイアンのフェースプログレッション

グースネックになるとボールがよくつかまることから、やさしいアイアンといわれています。アイアンだけでなく、ウェッジは日本の芝質からグースネックのウェッジが好まれた時代もありました。確実にチャックリが減りますから、ご自分の現在使用しているアイアンとお友達のアイアンを比べてみてると面白いと思います。

重心角が大きなのアイアンを選ぶ

フェースプログレッションが小さくなると重心角が大きくなりやすいので、上記の項目と重なる部分になります。重心角は、テーブルなどにクラブを置いて、フェース面が垂直からの出入りの角度です。この角度が大きいとつかまりの良いクラブになります。

アイアンの重心角

ただ、つかまりすぎるアイアンはヒッカケのミスが連発することもありますので注意したいものです。

アップライトのアイアンを選ぶ

ゴルフクラブにはライ角があります。ライ角はシャフトと地面のなす角度です。この角度が大きいとアップライト。小さいとフラットと言います。ライ角がアップライト(大きい)だとつかまりの良いクラブになります。

アイアンのライ角

アイアンを選ぶ時に気にせず購入すると、あとでライ角調整が必要になります。個人的には購入後リシャフト屋さんでライ角調整してもらってます。
ライ角調整してどこが違うのか・・・・まずは気持ちが違います!ただし、ライ角調整できるアイアンとできないアイアンがありますので注意してください。