1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. アイアンの選び方
  4. マッスルバックアイアンに挑戦

マッスルバックアイアンに挑戦/アイアンの選び方

マッスルバックはアマチュアゴルファーの憧れです。難しいと決めつけていませんか?現在はキャビティバック全盛の時代ですが、キャビティーバックの人気が出たのは今からそんなに古い話ではないはずです。クラブは進化しました。それで、スコアは良くなりましたか?

キャビティバックとマッスルバックの大きな違いはどこでしょうか?もちろん見た目も違いますし、大きさだって違います。大きさが違えばスイートスポットの広さだって違います。打感もちがいます。

ちなみにマッスルバックアイアンはこんなアイアンです。参考にしてください。

マッスルバックアイアンに挑戦/項目

ミスに敏感なマッスルバックアイアン

キャビティバックアイアンは、ある程度のミスをカバーしてくれます。それはスイートスポットの広さであったり、ソールの厚みなどによるものです。スイング自体のミスを発見できないことにもつながるわけです。一方、マッスルバックはミスに敏感です。”ミスった”と感じると感じたままのボールが出ます。これは言いかえれば、良いスイングをしないとグッドショットが生まれないということです。マッスルバックアイアンさえ練習すれば、ドライバーだって上手く打てるようになるって方もたくさんいらっしゃいますし、個人的にもそう思います。打感は最高です。ナイスショットは惚れ惚れすること間違いなしです。

ドライバーを替えるより簡単

現在、アイアンをキャビティにするかマッスルバック(フラットバック)にするか迷ってる方!ドライバーを現在のチタンからメタルやパーシモンに替えることのほうがよっぽど難しいことなんです。
プロやトップアマが使っているという先入観が一番の拒否反応を示す原因かもしれませんね。実際に打てるかどうかまずはショップで試し打ちしてみてください。難しくないです。確かにヘッドスピードはいくらかは必要かもしれません。でもヘッドスピードは上がるんです。練習さえすれば・・・

所有感最高!マッスルバックアイアン

所有感という観点で考えるとゴルフ用品の中では最高値(^m^)ではないでしょうか。マッスルバックアイアンの美しさ・カッコよさは実際に所有してみて分かると思います。ほかのクラブより余計にかわいがること請け合いです。部屋の掃除はしないのにマッスルバックアイアンであれば、手入れする事間違いなし!ベビーオイルやCRCなど塗っておくといいと思いますよ。

上手くなるためにマッスルバック

マッスルバックを使うことによって練習しなければいけない!という逆転の発想もアリです!練習しなければいけないどころか、練習したい!になると思います。他人に打たせたくないですし、もしも、ライバルよりスコアが悪くても、「むずかしいクラブを使ってるから」と納得もできます。いい意味で (^m^)。

私は父親から譲り受けて、マッスルバックアイアン、スチールシャフトでゴルフをはじめました。その時はいつかはキャビティバックアイアン、カーボンシャフトと思ったものです。それは金銭的な問題で余裕がなかったからです(^m^)。ゴルフのことが楽しくなり、もっと深く知りたくなる。そして行き着くところはマッスルバックが欲しくなる。

マッスルバックアイアンが ”むずかしい” と言われる理由

どうしてマッスルバックが難しいと言われるのでしょうか。クラブヘッドが小さいので重心距離が短くなります。重心距離が短いとフェースが返りやすく、あまりにも短くなるとフェースの向きが感じれなくなることがデメリットととられますが、自分の思ったとおりクラブヘッドが動いてくれる遊びが少なく自分の思ったとおりに動きとても敏感です。ラフなどにつかまってもヘッドが小さくヘッドが重いので抜けがいいです。これはラフに限ったことではなく、ダウンブローにボールをとらえたときには、その小さいヘッドと重みで気持ちいいほどのターフが取れます。また、重心深度も深くなります。深くなるとボールは上がるんです。しかしマッスルバックはむずかしいというイメージが上がらないと思われているようです。

マッスルバックアイアンに挑戦!

まだ、キャビティアイアンが登場する前のマッスルバック(フラットバック)より確実にやさしくなっていることは事実です。マッスルバックは操作性にすぐれています。思いどおりの弾道を手に入れてください。もちろん、クラブを手に入れたからといって、操作できるようになるわけではありません。しっかりと”練習する自信があること”。これがマッスルバックを使ってもいい基準ではないでしょうか。

まわりの人に左右されないこと。「オマエにはむずかしいヨ」なんて大きなお世話!マッスルバックを手に入れた時点で、気持ちの上で覚悟が出来ていることでしょう。応援してます!