1. ゴルフな気分
  2. ゴルフ基礎知識編
  3. ゴルフに必要な道具

ゴルフに必要な道具/ゴルフ基礎知識編

ラウンドまでに揃えておきたいゴルフ道具について解説します。打ちっぱなし(ゴルフ練習場)やゴルフ場でも貸してくれますが、できれば自分専用の道具が欲しくなるものです。今後、ゴルフをすることがない場合は、友達から借りたり、親から譲り受けることができれば1つの手段として考えておいて良いでしょう。

ゴルフを続ける人は、自分のパフォーマンスを最大限、発揮できる自分に合ったクラブ、もしくは目標としているレベルのゴルフ道具などを揃える必要があります。安い買い物ではないのでしっかりと選びたいものです。 

ゴルフに必要な道具/項目

ゴルフクラブ

ゴルフクラブには、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアン、ウェッジ、パターといった道具があります。ゴルフをする上でゴルフクラブは自分の武器になるのです。ゴルフ場に持って行けるクラブの本数ですが、14本とルールで決められています。この14本の中にはパターも当然含まれます。14本以下であれば同じクラブを入れても構いません。パターが2本入ったり、7番アイアンが2本入っても良いのです。

最初にすべて揃える必要はなく順に揃えていけば練習する上では問題ありません。自分に合ったクラブであればとても頼りになる存在ですが、まったく合っていないと自分のゴルフができないことになります。それだけにゴルフクラブ選びはとても重要です。1つ1つのゴルフクラブの選び方は下記を参考にしてください。詳しく解説しています。

ゴルフボール

ゴルフボールをティーインググラウンドから打ち、グリーン上のカップに入れることで1つのホールが終わります。原則的に1ホールで使うボールを換えることがことはできません。ティーインググラウンドから使い始めたボールをカップインするまで使うことになります。OBなどのトラブルで新しいボールを使うときのために、メーカー、モデル、番号をしっかりと覚えておくことが大切です。

また、セカンドショットなどアイアンでトップ下場合、ボールの表面が切れることが昔はよくあったものです。現在のボールではそのようなことはありませんが、ロストボールなどを使ったときはありえることです。その場合、同伴者(できればマーカー)の同意を得て換えることも可能です。初心者ゴルファーはラウンド時、たくさんボールをキャディバッグに入れておきましょう。

ゴルフボールはそれぞれのメーカーで特徴があり、自分に合ったボールを探すことはゴルフクラブを選ぶことと同じように大切なことです。ボールによって飛距離重視のディスタンス系、スピンを重視するスピン系、どちらもほしい欲張りなボールもあります。値段もマチマチで安いものでは1個100円くらいから高いものになると800円するものまでと様々です。

ちなみにゴルフの練習場へ行くときはボールを持っていく必要はありません。ゴルフ練習場には飛ばない備え付けのボールが用意されています。ただ、アプローチ練習場やパッティング練習場が備え付けてあるのであれば持って行く必要があります。

グローブ

グローブは自分の手に合ったものを使いましょう。右利きの場合、左用のグローブが必要です。個人的にははめてみて1つ小さなものが良いともいます。手が軽く開かないくらいがいいと考えています。ピッタリのグローブを使うとグリップを握るとき手の平の中にグローブのしわが邪魔になります。

ティー

ティーショットのときに使います。ティーの長さでティーアップの高さが変わります。ドライバーでのショットはロングティー、フェアウェイウッドやアイアンでのショットのときはショートティーやミドルティーを使いますが個人的にはドライバーショットのときもミドルティーを使っています。

最近のティーは無くならないようにできていてとても”高性能”!?なものから最終的に土に戻るエコなものまであります。

レインウェア

天気予報で雨と分かっているときにレインウェアを用意する人もいますが、できたらいつも準備しておくことがベターです。ゴルフ場は海沿い、山間部などにあることが多いので天候が変動しやすく、朝から晴れていても昼から雷雨なんてこともあります。ゴルフは長時間プレーすることになりますから、天候が変わるのは当たり前と思ってラウンドすれば雨もさほど気になりません。

また、レインウェアは雨のときばかりではありません。寒いときなどにウィンドブレーカーとしても使えます。

ゴルフシューズ

ゴルフ用のシューズです。以前は金属の鋲が付いているスパイクシューズが主流でしたが、最近はグリーン上の芝を傷めないためにもスパイクレスシューズやソフトスパイクシューズを推奨されているゴルフ場があります。スイングしたりゴルフコースを歩いたりする上で必ず必要になるゴルフシューズです。

それでも練習場ではゴルフシューズよりも一般的な運動靴を利用することをおススメします。足腰を鍛えるためにはそれが良い方法だとおもいます(個人的なお話です)。

キャディーバッグ

ゴルフクラブやその他ラウンドで使用するものを入れるバッグです。バッグの中身はそれぞれ違いますが、一般的には以下の道具を入れていましょう。

ゴルフクラブ、ボール、グローブ(手袋)数枚、ティー(ロングティー、ショートティーなど)、タオル数枚、レインウェア、マーカーなど入れておくといいです。場合によっては傘も入れる人もいます。初心者ゴルファーであればスコアを数えることができるカウンターも入れておくと便利です。

ゴルフウェア

ラウンドするときは、襟付きのシャツなどを着るようにしましょう。Tシャツなどはダメです。帽子を被り、ズボンもジーンズなどではいけません。これはゴルフ場で決められているんです。ビックリですよね。ゴルフ場に入るときもブレザーというゴルフ場もあります。当然ですが、サンダルもいけません。初めて行くコースなどは特にお気をつけておきたいところです。