1. ゴルフな気分
  2. ゴルフ基礎知識編
  3. ゴルフクラブの長さ

ゴルフクラブの長さ/ゴルフ基礎知識編

ゴルフクラブを選ぶ上でクラブの長さ(クラブ長)は選ぶときのポイントになります。1インチ長くなるとヘッドスピードが約1m/s速くなると一般的に言われています。ヘッドスピードが1m/s速くなると約5ヤードほど距離が伸びるわけですから、ゴルフクラブの長さは飛距離に影響する要因の一つです。しかし、長いもの自在に操る人もいますし、好まない人もいます。

私がゴルフを始めたときはドライバーも親父のお下がりで長さが43インチだったと思います。その後、キャロウェイゴルフのメタルヘッド、ウォーバードに変えたときは44インチでした。今では考えられませんが、”長尺もの”なんて言われていたのです。現在では、お気に入りのヘッドがあったとしても44インチドライバーを探す方が難しいのが現実です。

最近のドライバーでは当たり前のように46インチ以上の長さがあるものが多くあります。一概に長さだけで考えることはできないと思いますが、2インチ以上伸びたことになり飛距離にして10ヤード以上伸びたことになるのです。これほどクラブの長さが飛距離に与える影響は大きいということが分かります。

ドライバーやフェアウェイウッド、アイアンセットなど、クラブの長さはそれぞれに1つと決められているのが現状です。フレックスの選択肢はあってもクラブ長の選択肢はほとんどないのが実情です。今年のニューモデルのドライバーは45.5インチや46インチになっています。1つのモデルに対して長さの選択肢がないということは、かなりピンポイントに使用する人を狭めていることになります(2つある場合もあります)。

体格が違う人がたくさんいますし、スイングもリズムも違うのです。本来、長さも最低3つほど用意してもらわないと自分に合ったクラブを見つけ出すことはできないはずです。しかし、このたった1つの長さを上手に打ちこなしているのがアマチュアの悲しい現実なのです。

ゴルフクラブの長さ/項目

最適な長さにリシャフトしてもらう

では最適なクラブの長さするにはどうすればいいのでしょう。それはリシャフトショップに持ち込むことがもっともいい方法になります。最近は、一般のアマチュアもこのことに気づき、すぐにリシャフトショップに持ち込んだり送ったりして自分のお気に入りのシャフトで最適な長さにしてもらうことがよく見受けられます。

残念ながら私の町には、リシャフトショップがありませんでしたが、数年前に仲間がリシャフトショップを開きまして「利用してくれ」とうるさいのです。しかし、まだまだ熟練の域には達するだけの数をこなしていない事もあり、どうしてもインターネットで長くお付き合いをさせていただいているリシャフトショップに送っている始末です。

私の好みも分かっていただいてますのでドライバーやアイアンの長さはリシャフトショップのほうで薦められた長さになっています。これがシックリくるのです。

最初に身長や体重、スイングの特徴、プレースタイル(エンジョイなのか競技なのかそんな感じだったと思います)など様々なデータを伝えることで現在の長さになりました。しかし、シャフトに関してはなかなかこれといって気に入るものがなかなか見つからなかったこともありました。

特に私の場合、ドライバーでのキックポイントで先調子がどうも苦手だということに気が付いたのもリシャフトを続けていて分かったことです。ドライバーに手元調子のシャフトはあまりありませんが、手元調子がシックリいくのです。ドライバーは44.5インチ、アイアンは5番アイアンで37.75インチ合わせになっています。

長さについては、床から手首までを計ることが一般的ですが、拳までの長さを計る場合もあります。私の場合、37.5インチが最適なのですが、常に1~2センチ程度余して握ることも伝えていますので37.75インチが現実的ということなのでしょう。

ただ、確実にこれが最適という長さはないのが実情です。スタンス幅が違いますし、前傾角度も違います。少しずつ自分の長さを見極めることになるのです。

自分に合ったゴルフクラブの長さを知る方法

基本的にクラブ長は長めの場合が多いはずです。それを利用する以外ないでしょう。今のクラブを短く握るということをおススメします。短く握ることでどれくらいグリップ側を余したときにシックリくるのかときどき確認するといいと思います。そのときはライ角をクラブなりに構えることも忘れてはいけませんよ。

これで大まかに自分に合ったクラブの長さが分かるはずです。ドライバーからアイアンまで同じように分かります。ただ、あまりにも短い部分を握るとグリップ部分が細くなりますのでその辺は考慮しなければなりません。

実際にリシャフトするときは、そのことも伝えると”なんちゃってリシャフト業者”でない限り、そのことも考慮していただけるはずです。

ここまで話すと、何となく短い方がいいの!?みたいな雰囲気になってきます。世の中の風潮もアマチュアは長すぎるクラブを使いすぎるということになっているようです。しかしちょっと待ってください。

アマチュアは長すぎるゴルフクラブを選びすぎているのか

300ccのヘッドを使っていたときは44.5インチだったとしましょう。この300ccのヘッドを利用して46インチにするから長尺ものは難しいという理屈になるのです。現在は400cc、460ccの大型ヘッドなのです。別に46インチでも構わないと思います。

ただし、アイアンは別です。大きくなったといってもドライバーほどヘッドが大きくなったわけではありませんし、アイアンの場合、使用場面がドライバーと根本的に違います。ティーアップされているものと、直に地面にあるボールとではクラブの用途が違います。

それだけにアイアンのヘッドが大きすぎるのも問題なのです。小さなヘッドの方が食い込みがいいですし、大きすぎるとボールのライに大きく左右されるショットばかりになってしまいます。

もっと詳しくお話しするとアイアンが大型ヘッドになると重心の高さも当然高くなってしまいますので、それだけターフを取るようにして重心位置よりも上でボールを捕らえなければボールは上がりません。しかし大型ヘッドだけにターフを取るほどに潜れなくなるのです。

またアイアンの大型ヘッドを無理やり重心を低くするようなヘッドになると、ソール幅が広くなってしまいますので潜ることはできなくなります。大きな払い打ちになるはずです。あまりメリットを感じません。

アイアンは一定の距離を刻むことが目的のクラブです。ヘッドを大きくしたところで逆に難しくなるだけです。そのため現在ではある程度の大きさはありますが、それに見合う長さはドライバーほど長くなっていないことがお分かりになるはずです。

ゴルフクラブの長さの規定

ゴルフ規則において自由に長さを決めることはできません。長く過ぎても、短すぎてもダメなのです。 パターを除いて18インチ以上48インチ以下と決められています。

ゴルフ規則では長さの測定方法まで決めてあります。測り方次第で長さが変わってしまうこともあるからです。