1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. パターの選び方

パターの選び方/ゴルフクラブの選び方

方向性重視のパター、アドレスから選ぶ方法などさまざまな角度からパターの選び方を考えます。視覚や打感も気になる部分ですし、当然ヘッド形状やネック形状についても分からないことがたくさんあるでしょう。ここではパターを選ぶポイントを細かく解説します。

パターの選び方/項目

人気パターメーカー

当たり前のようにマレット

以前はパターで迷うことはありませんでした。ピン型パターさえあればそれで良かったのです。キャッシュイン型のパターなどを持っていると少し古いゴルファーだなと思われるくらいなもので誰もがピン型パターを使っていた時代です。

海外では1990年代にはボビー・グレースのファット・レディを使うニック・プライス選手が勝利を重ねこのパターが人気になりました。国内では、尾崎将司選手がWOSSの超ジュラルミン素材のパターで盛り上げていた頃です。

そのころからマレット型が密かな人気になっていきます。それでもマレット型のパターでプレーしようものならクスクス笑われたものです。

マレット型のパターも評価され、現在の流れを作り出した2ボールパター(オデッセイ)が大人気になりました。当時は、ラウンド時に4人全員が2ボールパターということも度々あり、時代が変わったなぁと思ったものです。

2ボールパターでなくても4人全員がオデッセイということはもっとありました。カートのパターボックスには同じパターが並んでいて、「どれが自分のパターですか?」と間違えてしまったこともあったと思います。これはキャディさん泣かせでもありました!

間違わないようにしたいものです。ほかの人のクラブを使うとペナルティですからね。パターカバーを変えるとか何か目印になる事をして下さい。

フェースインサート素材

オデッセイのホワイトホットなどのようにフェース面にパターヘッド全体の素材とは別の素材をフェース面に使うことで、インパクトを柔らかくすることができます。

これも今では当たり前のような形状ですが、当時は柔らかすぎて距離感が合わないというゴルファー続出でしたし、プロゴルファーが言っていたくらいです。古いものを使っていて新しいものへ乗り換えた時にはこのようなことがよく起きます。それくらいに画期的な技術だったのでしょう。

ただし、最近の傾向は少し違ってきました。ボールが柔らかくなった分硬い素材(アルミニウムやチタンなど)をわざと使うこともあります。打感がハッキリするということで微妙なタッチを必要とするゴルファーには人気が高いです。

パッティングスタイルから選ぶ

パッティングスタイルで合うパターがあります。パッティングスタイルには大きく分けて2つあります。1つは現在主流といわれるストローク式でもう1つはタップ式といわれるスタイルです。

ストローク式は、手首をロックして肩のストロークで左右対称に振るパッティングスタイルです。このスタイルに合うパターはマレット型やオールラウンドのピン型パターです。

タップ式はテークバックを小さくしてボールをパチンと打つことでストロークするパッティングスタイルです。キャッシュインパター(T型)やピン型パターなどが相性がいいです。

この2つは、グリーンの芝の種類によっても分かれていて、ベントグリーンでは芝目を気にすることなくパッティングできるので距離感を合わせやすいストローク式。高麗グリーンは芝目がきついためボールが転がりはじめるときに芝に食われてしまうことがあります。そのため芝目に負けないようにボールを打つことができるタップ式が合うのです。

考え方によってはホームコースのグリーンの芝の種類に合わせたパターの選び方も1つの選択肢です。

それでも基本は欲しいパターを選ぶこと

ゴルフクラブの中でグリーン上でプレーするためのパターはやはり特殊です。他のクラブと比べても分かるように形がピン型パター、マレット型、キャッシュイン型、L型、ネオマレット型など幾種類もあります。

ヘッド形状ばかりではありません。長さも一般的な32~35インチのパターからお腹に当ててストロークする中尺パター、胸やあごを支点としてストロークする長尺パターなど多岐にわたります。

ただグリーン上でボールを転がす作業にこれだけの形や長さの選択肢があるということは世の中のゴルファーがどれだけパターで悩んでいるかということが理解できるはずです。

パターを選ぶといってもある程度は心に決めたパターがあるものです。たとえば、「長さは33インチ」とか「マレット型」などです。パターは感性・感覚といった部分が大きなウエートを占めます。そのため、あまりパッティングの際に気に入らないパターヘッドが目に入ることは良くないのです。

パターは自分の好きなものを使うということを前提として、あくまで1つの考えや知識としてこの後のページをお読みください。お気に入りの1本が見つかることを願っています。