1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. パターの選び方
  4. ナイキ

ナイキ/パターの選び方

ナイキ/NIKEのパターです。2010年、全英オープンに出場するタイガーウッズ選手が、使うことになったナイキパター。普段はスコッティーキャメロンを使用するのですが、2010年セントアンドリュース・オールドコースのグリーンはやや重いということで決断したようです。ナイキパターはミッシェル・ウィ選手が使っています。

ナイキパターはあまりなじみがありませんが、スタンダードな形のパターがありませんでした。最初に見たのは、「ブルーチップBC OZ マレット」。マレット型のパターのヘッドがえぐり取られたような形の中に半円の突起が飛び出したパターでとても買おうとは思えないパターでした。

しかし、よくよく考えてみると2010年、使われているパターはそのような歪ともいえるマレット型のパターばかりです。あまりにも先行しすぎたナイキパターだったのかもしれません。ブルーチップシリーズには他にも「T160ブレード」。その後、センターシャフトの「オズ・ブラックT130」、「ユニタイズドパター・テクノ」などがありました。

考えてみるとナイキパターは、オートマチックにパッティングするためのパターといった感じがします。2010年はメソッドパター。ポリメタルグルーブテクノロジーでインパクト後にすぐに順回転することが特徴のパターです。スタンダードなパターもたくさん発売されるようになりました。

ナイキユーティリティの紹介

ナイキ売れ筋パター


商品がなかったらこちらのサイトを覗いてみてください!(ほかのスペックなど)ナイキ/パター

GDO】【二木