1. ゴルフな気分
  2. 人気ゴルフ用品
  3. ゴルフシューズ用語

ゴルフシューズ用語/人気ゴルフ用品

ゴルフは芝の上で行なうスポーツです。しっかりと芝をグリップしないと滑ったりして貴重なラウンドが台無しになりかねません。滑ることで1日歯がゆい思いをするよりも地面をしっかりとつかまえてナイスショットしてください。

ゴルフシューズはとても大切なアイテムになります。”けん”がゴルフを始めたばかりの頃は、スパイクシューズが主流でした。現在ではグリーン上の芝を傷めることがないようにスパイクシューズが禁止されているコースがほとんどではないでしょうか。

ゴルフシューズ用語/項目

ソフトスパイク・スパイクレスシューズ

現在、スパイクシューズに取って代わってほとんどの方がソフトスパイクまたはスパイクレスのゴルフシューズを使用されていると思います。芝にやさしく以前よりもグリップも良くなりました。この傾向は今後も続くと思われます。

基本的にソフトスパイクのほうがスパイクレスシューズよりグリップ力があります。また、できたらソフトスパイクの鋲が取替えの出来るものを使用することがおススメです。

軽量タイプシューズ

他スポーツと同じようにゴルフシューズでも軽量タイプが好まれます。最近のゴルフは乗用カートでのプレーが多くなり、以前ほど歩くことがなくなりました。それでも軽いほうが機敏に動けますし、疲れにくいです。疲れということを考えると軽量タイプのシューズがおススメですが、体力的に自身があるという方であれば、ある程度の重さのあるシューズでも構いません。

重さがスイングにどのように影響するかは分かりませんが、安定性という意味では軽いより重いほうが良いと言われています。しかし体力のある若い初心者ゴルファーは乗用カートに乗るどころか・・・走ることが多いところが矛盾するところですけど。

衝撃吸収タイプシューズ

衝撃吸収タイプは、かかとに装着されていることが多いようです。ゴルフではジャンプしたり走ったり!?(たまにいますが)することが無いスポーツです。どちらかというと、疲れにくいことが好まれている要素ではないでしょうか。

クラッシックタイプとスポーツタイプシューズ

以前はクラッシックタイプがほとんどでしたが、最近はスポーツタイプのゴルフシューズが普及しています。

クラッシックタイプは一般に硬く、場合によってはマメが出来たり靴ズレしたりする人もいますが、履きなれると足にとてもフィットしてなかなか替えることが出来なくなることも事実です。

スポーツタイプは、見た目ゴルフシューズとは分からないことも多いくらいのデザインです。スポーツタイプはシューズの重さを軽減しやすいので疲れにくく柔らかです。履いたその日から違和感がないです。

プーマが開発しているゴルフシューズはサッカーシューズのようなタイプのシューズもあり、選択肢の幅が広がりました。

ウィングチップ・サドルタイプシューズ

デザイン的なものなのでしょうかそれとも丈夫さが必要な部分なのでしょうか、ウィングチップタイプ、サドルタイプなどという言葉を聞いたことある方もいらっしゃるかもしれません。

ウィングチップタイプはシューズのつま先部分のデザインがWの形になっているものです。昔からあるデザインで”けん”もこのデザインのシューズを最初に購入しました。硬そうにみえますが、そうでも無かったです。

サドルタイプは紐靴の紐の部分を、足の外側から内側まで改めて別に張り替えた部分があるシューズです。色が変えてあったりしてデザイン的にもウィンドチップタイプより現在多く見かけるシューズです。

ゴルフな気分-ゴルフクラブの選び方/売れ筋ギア
人気ゴルフシューズ編