1. ゴルフな気分
  2. 人気ゴルフウェアアクセサリ
  3. レインウェア編

レインウェア編/人気ゴルフウェア・アクセサリ

ゴルフをする以上、天気は気になります。晴れていればいいのですが、雨だとがっかりします。しかし、憂鬱な雨の日でもレインウェアひとつで気分だけでも晴れるかも!?特に梅雨時期は、天気予報も当たらないことも多く、突然雨が降り出すことがあります。そんなときキャディバッグの中にレインウェアを入れておくと何も心配ありません。

人気レインウェア編メーカー

人気のレインウェアを選ぼう

高価なものが良いに決まっています。雨の水を通しにくく、ラウンド進んでもそれが変わりません。ラウンドでレインウェアを忘れてしまいゴルフ場で安価なものを購入する羽目になってしまうこともよくありますよね。

安価なレインウェアはウエストのゴムもすぐに伸びてしまいます。数回使うとすぐに水が浸み込みます。防水スプレーを使ってみてください。少しは長持ちするはずです。レインウェアには帽子もあります。個人的に使ったことはありませんが、女性がこれを被るととてもかわいらしく見えるから不思議です。

新しいレインウェアに腕を通すと、雨の日のゴルフも楽しいものです。幼稚園や小学生のときに新しいレインコートや傘を買ってもらったときの気持ちになれますよ。

また、ゴルフ場は天候だけでなく、気温の変化も大きいので、暖かいと思って出発してもラウンド中に寒くなることもあります。最近のレインウェアであれば、防寒着として着てみても違和感がありませんよ。

晴れていてもキャディバッグの中には、レインウェアを詰め込んでおくことはゴルファーであれば、当然です。楽しいはずのゴルフで風邪などを引かないようにしたいものです。

雨、風だって楽しみましょう。

個人的には雨風がかなり得意です。同伴者が崩れていく様子を見ていよいよ集中力が高まる方です。風もなくよく晴れた日ほどOBすることもよくあります。「この辺に打っとけばどうにかなるかなぁ」くらいの気持ちがOBにつながります。

ところが天候が悪い時はティーショットでもターゲットをしっかりとしぼり狙いますので意外にトラブルになることが少ないことも事実です。集中しているのです。風があるときは、キッパリと右狙いとか左狙いができますが、風がない時は何となく打ってしまい結果として実は上空は風が吹いていたなんてこともあります。

また、雨の日は、落ちてくる雨が風に流されるようであればかなりの風になりますし、池の波を見れば風の読みを助けてくれたりもするので意外に恵みの雨・風の時も多いです。

グリーンだって普段よりも遅くなりますので強めにストレートで打てるのでカップに入っちゃうこともよくあります。実際に私がハーフで始めて30台を出して大喜びした時はみんなが嫌がる雨風の日でした。雨風の日ほど、目で確認できる情報が満載なのです。