1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. ウェッジの選び方
  4. クリーブランド
  5. 588RTX2.0 ツアーサテン ウェッジ

クリーブランド 588RTX2.0 ツアーサテン ウェッジ ダイナミックゴールド解説

クリーブランドの588ウェッジはゴルファーに長く愛され続けているウェッジです。最近の傾向として、ヘッドの色がブラックからノーマルなものに変わってきています。メーカー側も最低2種類を用意しているようです。

使う場面に応じた最適なソール形状が用意されています。

ソール部分にロフト角度が刻印されていますが、数値の下にドットがついています。1つのドットがついているのはローバウンス グラインドソール、2つはスタンダードバウンス グラインドソール、3つはフルソールになっています。

同じロフト角度のウェッジをキャディバッグに用意しておくこともできるわけです。バンカーではバウンス角度の大きいウェッジ、アプローチではバウンス角度の小さいウェッジと状況に応じて使い分けることができますね。

クリーブランド 588RTX2.0 ツアーサテン ウェッジ ダイナミックゴールド詳細

ヘッド素材:軟鉄
ヘッド製法:ロストワックス精密鋳造、フェースミーリング形状ラインレーザー加工
仕上げ・メッキ:ツアーサテン仕上げ
左右:右用
グリップ:アクションフィールグリップ(ロゴ入り)
メンズ/レディス/ジュニア:メンズ
製造国:日本

クリーブランド 588RTX2.0 ツアーサテン ウェッジ ダイナミックゴールド スペック
番手 ロフト角 バウンス角 長さ クラブ重量 FP バランス
48°-8° 48 8(Std) 35.5 464 4.5 D2
50°-10° 50 10(Std) 35.375 466 D3
52°-10° 52 10(Std)
54°-10° 54 10(Std) 35.25 470 5 D4
56°-8° 56 8(Low)
56°-12° 12(Std)
56°-14° 14(High)
58°-6° 58 6(Low) 35.125 472 6
58°-10° 10(Std)
58°-12° 12(High)
60°-10° 60 10(Std)
フレックス:S200、ライ角:64°、シャフト重量:129(カット前)、シャフトトルク:1.2、キックポイント:手元調子

ラフからも安定したスピン性能が得られるROTEX 2.0フェースパターン レーザーミーリングと機械加工(ROTEX 2.0フェースパターン)により、
ルール規制内でフェース表面の粗さレベル(摩擦度合)が向上。
ラフからのアプローチを想定したウエット条件下でスピン性能が約14%アップします。(従来比)

大きな摩擦力で優れたスピン性能を引き出すレーザーミーリング

コンピュータ制御によるレーザーミーリングにより、
表面精度がさらに向上。
ROTEX 2.0フェースパターンとの相乗効果でグリップ力がアップし、
安定したスピン性能を発揮します。

ウエットな条件下でもスピン性能に優れたツアージップグルーブ

フェース仕上げ時にすべての溝を保護することで、
溝のエッジをシャープに保ち、
優れたスピン性能を発揮する「ツアージップグルーブ」。
また、ルール規制内で従来モデルよりもエッジのRを小さくしたことで、
エッジのシャープさが増し、スピン性能がアップ。
特にウエットな条件下で優れたスピン性能を発揮します。

最適なソール形状が選べるバウンス別形状変化のラインアップ

ロフト角56°と58°にはローバウンス グラインドソール、
スタンダードバウンス グラインドソール、フルソールをラインアップ。
バウンス毎にソール形状をダイナミックに変化させることで、
あらゆる使用状況でショットの精度がアップします。

類似品にご注意ください。詳しいことはゴルフダイジェストより調べてください。(スペック:ロフト角、シャフト、長さ、バランス、キックポイント、価格など)

クリーブランドウェッジの紹介

クリーブランド売れ筋ウェッジ



商品がなかったらこちらのサイトを覗いてみてください!(ほかのスペックなど)クリーブランド/ウェッジ

GDO