1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. ウェッジの選び方
  4. タイトリスト・ボーケイ
  5. SM6ウェッジ ツアークローム

タイトリスト ボーケイデザイン SM6ウェッジ ツアークローム ダイナミックゴールド解説

ショートゲームを制す、狙い通りの距離感とスピンコントロール。

選ぶときはソール形状で選ぶことができます。初心者ややさしさを求めるのであればFグラインドです。 ツアープロが使っているのはMグラインドで、こちらはバウンス角度が少なめの設定になっています。タイトリスト ボーケイデザイン SM6ウェッジ ツアークローム ダイナミックゴールド詳細

ヘッド素材:軟鉄
ヘッド製法:鋳造
仕上げ・メッキ:ツアークローム
左右:右用
グリップ:ゴルフプライド ツアーベルベット・ラバー・360°(M60)
対象:メンズ
製造国:日本

スペック
番手 ロフト バウンス角 長さ クラブ重量 バランス
46°-8° 46(Fグラインド) 8 35.75 462 D3
48(Fグラインド)
50°-12° 50(Fグラインド) 12 35.5 465
52(Fグラインド)
54°-8° 54(Mグラインド) 8 35.25 473 D5
56(Mグラインド)
56°-10° 56(Sグラインド) 10
56°-14° 56(Fグラインド) 14
58°-8° 58(Mグラインド) 8 35 477
58°-10° 58(Sグラインド) 10
58°-12° 58(Kグラインド) 12
60°-8° 60(Mグラインド) 8
60°-12° 60(Kグラインド) 12
62°-8° 62(Mグラインド) 8
フレックス:S200、ライ角:64、シャフト重量:129、シャフトトルク:1.4~1.8、キックポイント:手元調子
プログレッシブCGデザイン

ロフト角別3段階の最適重心設計。ターゲットを確実に狙うパフォーマンスを発揮します。ロフト毎の最適重心設計と新たに搭載された溝により、狙い通りの距離感を可能にし、かつ優れたスピンコントロール性能がイメージ通りのショットをもたらします。

ソール形状
Fグラインド スクエアに構えやすい。バウンスの効果を最大限に活用でき、ボーケイウェッジ初期からの、抜けに定評のある伝統的ソール。フルショットに最適。
Sグラインド スクエアに構えたときはFグラインドと同様。トレーリングエッジとヒールのグラインドにより、ややオープンにも構えやすく、多彩なショットが可能。
Mグラインド トゥからヒールにかけてのグラインドによりオープンに構えやすく、ソール前部の幅がやや広いため、スクエアにも構えやすい。多くのツアープロも愛用。
Kグラインド 最も幅が広く、丸みをおびたソール。バンカーでその特性を活かすことができ、また、丸みにより様々な状況でも、バウンスを有効活用することができる。

類似品にご注意ください。詳しいことはゴルフダイジェストより調べてください。(スペック:ロフト角、シャフト、長さ、バランス、キックポイント、価格など)

タイトリスト・ボーケイウェッジの紹介

タイトリスト・ボーケイ売れ筋ウェッジ



商品がなかったらこちらのサイトを覗いてみてください!(ほかのスペックなど)タイトリストボーケイウェッジ

GDO】【二木

200シリーズは一番使われているウェッジです。フェースを開いてかまえやすく、リーディングエッジも緩やかにカーブしています。300シリーズは一番グースがきつくボールを包み込む感じで、リーディングエッジも丸いです。400シリーズは少しだけグースで、リーディングエッジの丸みも緩やかです(品数少ない貴重品です)。

400シリーズが、手に入る時期がありました。今後もこのようなときがあるかもしれません。前回は早くなくなっていました。