1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. 教えてゴルフギア
  4. マルマンドライバー1

マルマンドライバー1/教えてゴルフギア

思い出のマルマンドライバーをお聞かせください。

ビッグウィンSQ パワーチタン
ヘッドのソールが角ばった形になっていて、ネックがいびつに曲がって長くなっている。アイアンであればこのような形もありかもしれませんが、ドライバーだと好みが分かれる気がします。
CSM301T
上級者であれば、ヒッカケそうなドライバーですが、初心者やスライサーにとってはつかまりがよいドライバーになりそうです。
パワーチタンG
マルマンのドライバーの中でオーソドックスなドライバーで癖のないクラブ。当時としては珍しくシャフトバリエーションもあり、パワーヒッターでも対応したモデル。
ギネス ツアーチタン
大型ヘッドの240ccでヘッド形状もオーソドックス。癖のないドライバー。このようなドライバーで練習すれば、クラブの癖に翻弄されることなく、自分のスイングを見つめることができるかも。ライ角が53.5度と意外にフラットでつかまり過ぎも緩和している。
コンダクターパワーメタル
メタルドライバーなのでパワーが必要かというとそうでもなく、打った感じは上がりやすい。癖のないドライバーはマルマンの得意なところなのだろうか。

SPONSOREDLINK

コンダクターLGメタル
右に行きにくいフックフェースのメタルウッド。比較的ディープフェースなので叩けそうな気がするが、マルマンのシャフトは柔らかいイメージがある。そのためクラブが易しく感じるのは良い傾向かもしれない。
ビッグウィンSQ MD
よく考えてみると、一時期流れがあったナイキの四角いドライバー、それを1995年に作り上げていたマルマン。見た目はそれとほとんど変わらない。ドライバーとしてはロフト角度が14度あるので、スプーンと同じくらいの設定になっている。シャローフェースなのでボールが上がらない非力なゴルファーでも楽に上がるはず。