1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. 教えてゴルフギア
  4. プロギアドライバー1

プロギアドライバー1/教えてゴルフギア

思い出のプロギアドライバーをお聞かせください。

データリバースチタン
黒チタンとも呼ばれ、競技ゴルファーに浸透しました。ヘッドの形状は220ccですが、これでもこの当時はびっくりするほどの大きさでした。ヘッドを上下逆にする発想は、やはりPRGRだと感心したものです。
データ・リバースSDチタン
赤チタンと呼ばれ、大型ヘッドの代表作。ヘッドの容積は270ccと度肝を抜かれる。深紅のヘッドは当時憧れの的になりました。ただ、M-40、M-37といったシャフトフレックスは上級者には柔らかすぎたためアベレージゴルファーに人気になりました。それでも周りではシングルプレーヤーの方が使っていたことを覚えています。そしてよく飛びました。
DATA リバース・メタル
メタルウッドのためか、打感が非常に柔らかく感じる。シャフトバリエーションはプロギア独特で、個人的にはM-43では柔らかすぎた感じことを覚えている。ヘッドを上下逆さにしたからといって特殊な打ち方をすることはなく、どちらかというと全く癖がないクラブの部類。

SPONSOREDLINK