1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. 教えてゴルフギア
  4. スポルディングドライバー1

スポルディングドライバー1/教えてゴルフギア

思い出のスポルディングドライバーをお聞かせください。

トップフライト マグナ Ti-270
シャフトフレックスの選択肢がRしかなく、ロフト角も11度で、ボールが高く上がる設計。しかも270ccのヘッド形状は当時としてはかなり大きい方でした。価格もお手頃でした。
トップフライト 510
当時迷走していたヘッド素材に一石を投じたジュラルミン素材のドライバーです。ジュラルミン素材は非常に軽いため、ヘッドを大きく設計できる利点がありました。当時は現在のようにヘッドが大きかったわけではなく、大きくすればそれに見合うシャフトがなかったことから、ヘッドを大きくするデメリットとしてフェースアングルをフックフェースにすることで誤魔化している部分がありました。そのため大型ヘッドは、スライスしやすく、芯でヒットする確率が悪い初心者向きという時代でした。

SPONSOREDLINK