1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. 教えてゴルフギア
  4. ミズノアイアン1

ミズノアイアン1/教えてゴルフギア

思い出のミズノアイアンをお聞かせください。

ノータススーパー59
ミズノのキャビティバックアイアンで定価18万円と少しお高い。ロングアイアンにかけてクラブの長さを長くすることでヘッドスピードを上げ飛距離を伸ばすようにしてある。また、ショートアイアンはロフト角度を立てることで0.5番手ほどの飛距離アップが可能になっている。アイアンで飛ばしたい人向けのアイアンセットになっているようだ。
ゼファー EG-185
ボールを上げることに特化したアイアン。重心高がロングアイアンになるほど低くなる超低重心アイアン。これならボールが上がらないと悩んでいるゴルファーには願ってもないアイアン。3~9番・PW・FW・SWの10本セットになっているが価格が8万円ととても安い。
ミズノプロ ツアービッグSL-305
番手別の設計にこだわったアイアンに仕上がっている。素材も3番~7番まではS35Cマイルドスチール精密鍛造、8番~SWまではマイルドスチールと番手によって違う素材。構えた感じはあくまでMPシリーズといった感じだが、トウ側が切れ込まれているのでボールのつかまりはかなり良さそう。ミズノプロなのに意外に難しくないアイアンに仕上がっているようだ。
ノータス ST-52
本当にノータスなの!?と疑いたくなるようなノータス ST-52。ノータスといえばやさしいイメージが頭からはなれないが、このアイアン結構タフに仕上がっている。キャビティも浅くハーフキャビティ。形的にもかなりハードさがうかがえる。デザインもシンプルに仕上がっているので格好いい。
ミズノプロTN-93
中島常幸プロの仕様モデル。セミキャビティバックアイアンになっているが、ほぼマッスルバックといってよいモデル。プロ・上級者向けに作られている。

SPONSOREDLINK