1. ゴルフな気分
  2. 中古ゴルフクラブナビ
  3. 中古ドライバー編

中古ドライバー編/中古ゴルフクラブ

中古ゴルフクラブナビは中古のゴルフクラブの選び方、販売買取について詳しくお話します。こちらでは頻繁に買い換える中古ドライバーについて解説します。

中古ドライバー編/項目

中古ゴルフクラブのドライバーについて

ゴルフクラブの中で頻繁に換えるのがドライバーです。調子が悪くなると真っ先に変更候補のヤリ玉に挙がるクラブがドライバーではないでしょうか。ドライバーを変えることで気分一新、ゴルフに打ち込むことができるのは事実です。

しかし、新品にはとても手が出なかったり、場合によっては欲しいクラブが2本ある時もあるはずです。1本は新品で買って、もう一本は中古で購入ということもあるかもしれません。場合によっては、中古ドライバー2本大人買いもありですよね。中古だからできる技です。

売れている中古ゴルフクラブ!ドライバー

中古のゴルフクラブの中でもドライバーは一番売れています。高価にもかかわらず、取引されているわけですから、それだけドライバーがゴルフに与える影響は大きいのでしょう。

SLEルールは関係なく売れている中古ドライバー

2008年巷では、SLEルールの施行に伴いドライバーを買い換える人が多くいました。高反発系のドライバーから反発係数が少ないルールに則ったドライバーに換えているわけです。これにより、ネットでの中古ゴルフクラブでも同様に、高反発系のドライバーが多く見受けられるようです。

ところが、高反発系のドライバーはまだまだ需要があり、ルール適合モデルと変わらないくらい売れているということです。レジャーやレクレーションのゴルフであれば、高反発系のドライバーでもなんら問題ないことが売れている理由です。

中古ドライバーで違う自分を見つける!

ゴルフのスタイルによってプレーの内容が偏っているとき、例えば、非力なゴルファーはドライバーに、飛距離を求めますし、もともとパワーがあるゴルファーは方向性を求めるものです。しかし、時には非力なゴルファーでさえOBが出ないようなキッチリとしたティーショットを打ちたいですし、パワーがあるゴルファーで時にはかっ飛ばしたい!

そんなときは、たまに羽目を外すのも結構です。中古ドライバーを試してみるのも手ですね。違った自分を見出すチャンスになればゴルフに対する姿勢も変わるかもしれません。

リシャフトクラブに注意!

中古のドライバーを購入するときに注意することは、リシャフトされたドライバー。最近ではドライバーメーカーがシャフトメーカーのシャフトを装着している例も珍しくありません。メーカーから発売された他メーカーシャフト装着品は「特注品」として価値があり、保障も一般のドライバーと同じです。

問題になるのは、個人的にリシャフトしてあるもの、自分でリシャフトしたり、リシャフト業者さんに頼んで交換してもらったりしたものです。問題になるのは、カーボンシャフト。シャフトはヒートガンで熱します。シャフトによっては、1回だけの「熱処理」を推奨しているメーカーも少なくないわけで、その辺が個人のリシャフトでは見えてこない、場合によっては、AドライバーのシャフトをBドライバーに装着ということもありえますからね。