アプローチ対決補足

”けん”です。先日お話しました。アプローチ対決の補足的な部分をお話します。実はこちらのほうが大切かもしれません(^m^) 。休みの間にやってみてください。きっと楽しいはずです。

どんなに調子が悪くても、アプローチさえ上手くいけばそこそこのスコアでラウンドすることが出来ます。そのことがいずれゴルフの上達に非常に役立つことはみなさんが認めるところです。

しかし、アプローチはなかなか練習しませんし、練習場のマットの上から行なっても・・・

損した気分になります(球数は限られています)

そのため、練習場にアプローチ専用の練習場が用意してあるととても助かります。それでも練習しないわけですよね(^m^) ウププ…やっぱり友達とのアプローチ対決が上手くなる近道です。みんなとアプローチ対決をしていると時間が経つのが早くとっても楽しいです。

当然、ボールはマイボールを使用してください。備え付けのボールに使ってみたいメーカーブランドのボールがある場合は、それを使ってもかまいません。いろんなボールを使ってみるとわかると思いますが、スピン性能が違います。ボールの硬さ(コンプレッション)が違います。短い距離でも高さが違うんです。

そうすると、同じ力で打ったとしても、距離感が違ってきます。メーカーは同じでも、ブランドが違ったり、するとまったく異なった感覚になることを理解することも大切かもしれません。いつも使っているボールがアプローチ・パッティングを重視しているのかなどを感じることが出来ると思います。

友達同士でアプローチ対決をしていると、みんなそれぞれ、アプローチの形を持っています。

ターゲットとボールの間に何も障害物がないのにもかかわらず、必ず、ボールを上げてくる人もいます。逆にどんなライからでも「転がしが安全だ!」とランニングアプローチをしてくる人もいます。こんな短い距離なのにスピンをかけようと必死な人もいます、トップダフリでドボンするタイプです。

アドレスでオープンに構える人、両足をそろえる人、バックスイングが大きな人小さな人。

オナーになると、自分で打つ場所、狙う場所を決めることが出来るとお話しましたよね。これってとても重要なんですよ。自分で狙う場所を決めるときは、自分の得意な場所を狙うことがこのゲームに勝つポイントなんです。

それで、また、オナーを取れるようなら、その場所を続けることです(^m^) ウププ…友達になんと言われようともです。そして友達の中にこの設定がどうしても苦手な人がいますから助かります。もちろん、皆さんにも同じ事をされるわけですから、ここでポイントを稼いでおきたいところです。

ポイントは、プラス10までで終わりとか、最下位がマイナス10で終わりとか、時間でタイムアップなどでもいいでしょう。プラス10で終わりとした場合は、あと一回勝つと上がりになります。そのときに「UNO」のように、「リーチ」と言うようにすると面白いです。この言葉を言わず、ボールを打ってしまったら、「チョンボ」と指摘して、マイナス1ポイントです。

なかなか終わることがないんです。

バンカーがあるのであれば、「バンカーにボールを埋めたり」、「左足傾斜にボールを置くようにしたり」、します。ボールがバンカーから脱出できなかったら、ドボン。「バンカーの淵に一番近い人が勝ち、落ちたらドボン」とかもできますよ。

場所指定で、バックスイングがほとんど取れないところから打たされることもありますよ。トラブルショットの練習にもなります。

とっても人間性が問われるゲームです。

ほかにも思い出したら書きますね。

ではまた

ウェッジの選び方って?ウェッジを選ぶポイントについて徹底解説。ロフト角度やバウンス角度、初心者のウェッジの選び方など。ソール形状からネック形状まで解説。

シェアする

フォローする