寄せワンを増やす方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「寄せワンを増やす方法」です。ゴルフにおいてグリーン周りのアプローチは、スコアの生命線です。1パットで乗り越えるだけのナイスアプローチが出来れば、スコアはみるみるうちに縮まることになります。

アプローチが上手くなれば、きっとゴルフが楽になると考えるのは、浅はかな考えです。セカンドショットでしっかりと乗せることの方がよっぽどゴルフは楽になるわけですから、無いものねだりはせず、じっくりとアプローチの練習をしてください。

アプローチが上手くなった!と言っても必ずしもワンパット圏内に寄せることが出来るわけではなく、それだけに入れゴロ外しゴロのパットをどれだけ入れるかが寄せワン最大の課題になることをしっかりと受け止めておきたいものです。

あなたの寄せワン距離

石川遼選手が、セカンドショットをベタピンに寄せます。1.5メートルのバーディパットです。「難無く沈めバーディ」とスポーツニュースで流れます。この”難無く”ってみなさんどう思いますか?みなさんのゴルフで1.5メートルのパーパット、難無く何てこと無いと思います。

みなさんによっての寄せワンの適正距離ってどれくらいですか?1メートルであれば、確実に入れることができますか?それとも50センチですか?近ければそれだけワンパットで決めることができますが、それだったらプロよりもアプローチが上手くなければならないことになります。

しかし、アプローチのレッスン書では、1.5メートルにつければ御の字と書いてあります。そこから先はパッティングに頼るほか無いわけで、この辺が寄せワンの数が増えない原因なんですよね。

寄せワンを増やすためにもショートパットの練習は必要不可欠なわけです。自信を持って沈めることができる距離を伸ばすことが、結果的に寄せワンを増やすことにつながります。

とくにむずかしいアプローチでない限り、「1.5メートルなら寄せることができる」と思いませんか?カップの周り半径1.5メートル、直径にすると3メートルの範囲です。直径3メートルの円の中に入れると考えれば、とてもやさしいです。

いろんなことを考えすぎて、その範囲にも入れることができなくなることが多いです。

ピンまで5メートルのアプローチ。

最小で3.5メートル、最大で6.5メートルの地点に止めることになります。

3メートルの円の中に入れないようにすることのほうが余程むずかしいわけで、アプローチで挽回することも大切ですが、やはり、その後のパッティングに力を入れるべきでことは少し考えれば分かることです。

寄せワンはパッティングが大切

ショートパットが上手くなれば、寄せワンもしっかりと増えていきます。近くのゴルフ練習場にアプローチの練習グリーンが無い人にとって、自宅でショートパットを練習することがアプローチでの寄せワンを増やすことになると理由付けをし、パッティング練習をしてみてください。

とても地道な練習なので、すぐに飽きてしまいそうですが、自分で工夫して練習することも大切です。例えば、カップに入れるだけではなく、カップの手前に消しゴムでも置いて、右カップから入れるとか左カップから入れるとか、必ずしもパターマットの端から打つ必要は無く、わざと近くから打ってみたりしてもいいでしょう。

パッティングの練習をすることはとても退屈なものです。しかし、やり始めると効果が期待できるのもパッティングです。何より今までグリーンに乗せたらおしまい、と考えていたゴルフへの取り組み方が一変することになると思います。

ゴルフの上手い人はパッティングの練習にとても力を入れているんです。アプローチがとても上手い人でもその後のパッティングが入らなければ、アプローチが上手いとは言いませんよね。アプローチで2.5メートルにつけて、そのパッティングを何度も沈めた方がアプローチが上手いと簡単に考えてしまうものです。

要は、結果(スコア)がすべてであり、それまでの過程はある意味、無意味となってしまうのです。それでもアプローチが上手い人がショートパットを練習すればとても強くなるわけですし、そんな人は、パッティングの重要性に早くから気づいているはずです。

ではまた

ウェッジの選び方って?ウェッジを選ぶポイントについて徹底解説。ロフト角度やバウンス角度、初心者のウェッジの選び方など。ソール形状からネック形状まで解説。
パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

シェアする

フォローする