アプローチ上達に欠かせない素振り

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「アプローチ上達に欠かせない素振り」です。

素振りが意味を持たないものになっていませんか?私も意味を持たない素振りをしていた代表ゴルファーでした。

とくにアプローチに関しては、ラフの芝をサッサッと触るくらいの素振りで雰囲気だけで距離感を出したつもりになっていました。

「カラーから1mのところに落とせれば」と考えながら素振りをしていました。

落としどころを考えながら素振りをする・・・いいように聞こえますが、結果的にはボヤっとしか考えていません

みなさんもあるのではないでしょうか。

アプローチで本気の素振りをする

アプローチで本気の素振りをする

本番さながらに本気でアプローチしているくらいの気持ちで素振りをしてみましょう。

もちろん、その素振りそのままに実際のアプローチをします。

すると、いままでのアプローチの流れではなかったものが残ります。

打つ前と打った後の比較をするだけアプローチが上達

それが打つ前のイメージと打った後の結果の比較です。

ここで初めてアプローチ上達の入り口に立てたということです。

次のアプローチの場面に遭遇したときに先ほどのアプローチのイメージに変更を加えるはずです。

この時点でアプローチは上達し始めています

アプローチで「寄った!」という結果よりも落としどころに注目

「素振りはいいのにな」とそのとおり打ったらどうなります?格好だけなら誰でもできます。ゴルフは結果がすべて。寄せるための素振りをしましょう。

「さっきは大きかった」

「今度は短かった」

「さっきよりもラフが浅いな」

など、1度のアプローチからたくさん情報収集をすることで現在のアプローチではなく、未来のアプローチに使えるようになってきます。

回数をこなすことで距離感や状況などの引き出しが増えてくれば、同じように難しい別の場面に遭遇したときに、今までになかったいくつかの応用の効いた選択肢が頭の中にポッと浮かぶようになります。

寄らなくてもアプローチ上達の糧にする

「寄った」「寄らなかった」で一喜一憂するのではなく、これからは少しレベルを上げて「狙いどころに落とせたのか」その結果寄らなかったら狙いどころが間違っていたと考えます。

「狙いどころに落とせなかった、だけど寄った」ということであれば正解は間違って落としたところだったということになります。狙いどころと正解の落とし場所を詰める作業をしましょう。

まとめ

ピンに寄ったかどうかは、スコアの面ではすごく大切ですが、寄ったときの落としどころが正解だったことを自分の引き出しに入れておきたいですね。

寄らなかったとしてもそれは今後の上達の上で財産になります。

ではまた

ゴルフ ウェッジ 通販|GDOゴルフショップ
ウェッジの通販ならGDOゴルフショップ。人気の最新モデルからセール品まで豊富な品揃え。ウェッジの選び方に迷う方も、売れ筋ランキングや口コミを参考にお選びいただけます。14時までの注文で最短翌日お届けします。

コメント