力を抜いたアプローチ

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「力を抜いたアプローチ」です。右に左にボールが乱れていてもアプローチが上手くなるとスコアはそこそこ まとまるようになるものです。

ゴルフ場の近くに住んでいる人は、ゴルフの練習をあまりしない方が多いようです。これはゴルフの練習をするよりもラウンドしたほうが楽しいわけで同じ練習をするのであれば、”ラウンドの練習”ということでしょう。

”ゴルフ場の近くに住んでいる方”は、基本的に低い弾道で攻めることが多いです。これは身体に染み込んだ持ち球なのでしょう。低く打ち出すことでOBゾーンの手前で止まりますし、風の影響もさほど受けません。経験から生まれた持ち球という感じです。

また、最後まで諦めないのも特徴のようで、スコアも安定しています。最後まで諦めないのは、ショートゲームに自信があるからではないでしょうか。

”ゴルフ場の近くに住んでいる方”は、ショートゲームがとても上手です。どこからでも寄せてきます。アプローチだけではなく、パターだって上手で丁寧に行ないます。また、丁寧さだけではなく、打つ前まで良く”しゃべり”ますが、打つまでのルーティーンは見事に同じです。

学ぶべき部分がたくさんありそうです。パッティングでは、グリーンのどこにカップが切られていてもフックライン、スライスラインをほぼ的確に覚えているようでかなりの確率で狙っているようです。

また、アプローチに関しては、丁寧さと狂うことのないルーティーンで寄せてきます。普段からゴルフ場でラウンドしているだけに、窮地に追い込まれても力が入ることがなくアプローチができます。

憎たらしいくらいに上手いのです。

私たちがアプローチをするとき、方向性、残り距離を頭に入れ、トップしたりダフったりしないようにして、バックスイング、ダウンスイングと行ないます。トップ・ダフリが無かったとしても、思ったよりも右に飛び出したり、距離が前後に大きくブレたりしてしまいます。

納得のいくアプローチをすることがどれだけずかしいことか分かるはずです。ゴルフをしていないとき(普段は)アプローチはそこそこ寄ればいい程度に考えていますが、実際に現場でその場面に遭遇すると、”そこそこ”に寄せることのむずかしさを痛感します。

ダウンスイングで力が入ったり、ボールから目が離れたり、ボールの位置が毎回違ったりします。しまいには、今まで練習したことも無い7番アイアンでの”転がし”でアプローチしたりして、大きくオーバーしてしまい、「意外と転がるんだなぁ」なんてビックリすることもたびたびあるはずです。

できるだけ無駄な部分は削ぎ落とし、アプローチの形をシンプルにすることから始めてください。そのためにはインパクトの瞬間リストを利かせたり、ダウンスイングで異常な加速をつけたりしないようにしてください。

ゴルフレッスン/アプローチの自然落下

今回のお話は、クラブの自由落下だけでアプローチができれば、アプローチはみるみる上達するということをお話しします。

これも練習場での練習は必要になりますが、むずかしいことではありませんのでぜひ行なってみてください。

みなさん独自のやり方でけっこうです。ここでは”けん”の力を抜いたシンプルなアプローチについてお話します。

”けん”の場合・・・

SW、AWで行ないます。バウンスが気になるときはAWで行なっています。

スタンス幅は狭くし左足を開いた形のオープンスタンス。

ボールの位置は右足のつま先の前にセットします。

ノーコックで行ないますが、意識すると力が入ってしまうので注意しています。

常にアドレスでの上体とクラブの位置関係を崩さないように気をつけます。

上体を回転させることでクラブを上げ下げするだけですが、クラブの自然落下を意識して行なうことが大切です。また、距離感はクラブの位置や腕の位置で決めるのではなく、身体の向き!?で決めています。自然落下の振り子です。

ゴルフレッスン/振り子のアプローチ

たとえば、身体を45度回し、そこからクラブを自然落下させるような感じです。身体に力を入れることなく行なうことでボールに無駄な力が入りません。

練習場で最初は練習するべきですが、球筋も柔らかい感じがするはずです。また、距離感も安定してきます。

30度、45度、60度など練習してみるといいでしょう。”けん”の場合45度でキャリー7ヤード程度だと思います。斜め右45度の方向に胸を向ける意識を持つと感覚がつかみやすいです

45度で感じが掴めたら、40度に挑戦してください。5度の差を出せるか疑問ですが、それだけでも少し距離が落ちますよ。

アプローチに限らず、リストを利かせるということは、初めに作ったアドレスでのロフト角度をインパクトで変えてしまうことになり、距離感が乱れてしまいます。また、ダウンスイングでのクラブヘッドの異常な加速で距離を調節するくらいなら身体を回転で調整しましょう。

細かい部分は削ぎ落とし力を抜いたシンプルなアプローチを心がけてみましょう。新たな感覚に新鮮さを感じるはずです

ではまた

ウェッジの選び方って?ウェッジを選ぶポイントについて徹底解説。ロフト角度やバウンス角度、初心者のウェッジの選び方など。ソール形状からネック形状まで解説。

シェアする

フォローする