パターを使ったアプローチ

パターを使ったアプローチ

アプローチではパターを積極的に使うことができると、アプローチはとてもやさしくなります。アプローチに関しては常にランニングアプローチの重要性が説かれます。個人的にはあまり好きではありませんが、確かにランニングアプローチを行なうと大きなミスが減ります。

た だ、ランニングアプローチはボールの止まり際を予想することがむずかしく、思ったところよりも先に行ったり、手前に止まったりすることも多くあります。し かし、ピッチショットと比べるとトップやダフリのミスが大きなミスにならないため、失敗しにくいアプローチとして重宝されると思います。中でも・・・

究極のランニングアプローチはパターです。個人的にはパターでのアプローチをおススメします。ただ、前回お話したような理由であまり積極的にパターを使用したくない場合がありますが、意を決してアプローチにパターを使ってみませんか?

特に最近のパターはマレット型のものが多く、ボールをしっかりと押してくれるので少々芯を外したとしてもしっかりと転がってくれるところはとても助かります。ピン型パターを使っている人はまずは芯に当てることを心がけましょう。

カ ラーに止まっているときに、バックスイングでラフにかかる場合もマレット型であれば意外に違和感なくスイングできます。まずは30センチほど後ろに下が り、同じようなライを見つけて素振りをしてください。そして、初めてボールにアドレスしてアプローチを行なうことが大切です。

打てるようであれば少しだけラフに入っていても大丈夫。その場合、グリップが緩まないことを肝に銘じてアプローチをすることが大切になります。パターでのアプローチを始めるとスコアは必ず上がるはずです。それくらいやさしいのです。

それでもフィーリングといった部分があります。

カラーからのアプローチ

カラーからパターでアプローチをする場合、基本的にカラー部分はそんなに長くありません。グリーンの感覚で打つことに徹するだけでいいと思います。しっかりと真っ芯に当てることでカラー部分は気にしなくてもよくなるはずです。

もしもカラーが1メートルほどあった場合は、グリーンでパッティングする感覚で50センチほどオーバーするくらいのつもりで打つことが良い結果につながると思います。

花道などからのアプローチ

グリーンまで2、3メートルくらい距離があるときに気をつけることはピンの位置です。ピンが手前にあるときは、パターのアプローチが使えます。グリーンに乗るまで花道の距離を確実に越えるだけの素振りを行ないましょう。。これが最低限の小さなスイングになります。花道を越えることができれば惰性でピンに寄るはずです。

カラーからピンまで距離があるときは、パターよりも他のクラブでアプローチを行なうことがベターだと思います。

次回のラウンド時、意を決してパターを使ったアプローチを多用することができれば、ゴルフがやさしくなることは明らかです。わざわざ難しいアプローチに取り組むことは、練習量も増えてしまいます。

ラ ウンド前のパッティング練習でカラーからラフからパターでアプローチしてみてください。そして忘れてはいけないことは、そこでボールを取り上げるようなこ とはせず、確実にカップインするまでパッティングを行なうことです。そうすることでグリーンのフィーリングを損なうことなくパターでのアプローチができる ようになりますよ。

ではまた

パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

シェアする

フォローする