アプローチ

アプローチ

アプローチ上達に欠かせない素振り

アプローチの上達に欠かせないのは素振りだった!?アプローチの素振りが意味のないものになっていませんか?どんなショットをするにも素振りはとても大切なルーティンです。実際に打つときと同じように素振りをすることが大切です。
アプローチ

アドレスによるウェッジのロフト角度-ボールの位置を変える

ピンまで100ヤード残る。95ヤード・105yardは打てる自信があるけど、あと少し微妙な距離の打ち分けができないってことがありますよね。この微妙な距離の打ち分け方について解説します。
アプローチ

微妙な距離の打ち分け方

ピンまで100ヤード残る。95ヤード・105yardは打てる自信があるけど、あと少し微妙な距離の打ち分けができないってことがありますよね。この微妙な距離の打ち分け方について解説します。
アプローチ

100ヤードの距離感の出し方

ピンまで100ヤード残ることってありますよね。100ヤードの距離感ってどうやって出すの?100ヤードの練習をするよりも100ヤードの打ち方を見つけるということについて解説します。
アプローチ

左足下がりの超傾斜地からのアプローチ

傾斜からのショットのなかでも左足下がりでしかも超傾斜地になると、ほぼ寄せることはできません。最高のアプローチを求めるよりも最悪にならない最善のアプローチを考えることがスコアにつながります。
アプローチ

アプローチの距離感を養う方法

アプローチで大切なことは距離感です。距離感を養うためのいくつかの方法をご紹介します。
アプローチ

アプローチの重要性を理解しよう

ゴルフにおいてアプローチはスコアを作るうえで非常に重要なポイントです。トラブルが無いラウンドはありません。アプローチを練習することでトラブルから脱出したいですね。
アプローチ

100ヤード以内の苦手な距離の打ち分け方

ハーフショットを1つ覚えるだけで距離を打ち分ける方法です。いろんな打ち方を練習で覚えるには時間が足りないという方に。実はこれが一番手堅い苦手な距離の打ち分け方かもしれませんね。
アプローチ

アプローチ専用グリーンを使おう

アプローチはスコアをまとめる上でとても重要です。ただ、練習量がどうしても足りないのも事実。
アプローチ

アプローチをする上で大切なこと

野球では足にスランプなしということをよく聞きますが、ゴルフでそれを当てはめるとすれば、アプローチではないでしょうか。
アプローチ

パッティング風アプローチ

比較的簡単なアプローチが残った場合にはパッティングのスイングでのアプローチがおススメです。
アプローチ

バックスピンがかかりやすい条件

バックスピンがかかると気持ちがいいものです。ピタッととまるバックスピンもあれば、ツッツッスーという具合に止まるバックスピンもあります。今回はバックスピンがかかりやすい条件について解説します。
アプローチ

バンカーショットは初心にかえる

バンカーショットを特殊なショットにしているのは自分かもしれません。まずは初心に立ち返ってアプローチのつもりで行いましょう。これまでどうしてバンカーショットを複雑なショットにしていたのか?と感じるかもしれません。
アプローチ

残り50ヤードの距離感

フルショットでは大きく、距離感がつかみづらい50ヤード前後の距離感の出し方について解説。いろいろな方法がありますが、一部のゴルファーには合うかもしれませんね。
アプローチ

バンカーショットの距離感を養う

バンカーショットが苦手という人は全く練習していないことがほとんどです。練習しさえすればバンカーショットに自信が持てるようになるはずです。そのときの練習内容に1つだけ加えてください。
アプローチ

ショートゲームには好不調がない

好スコアを叩き出すためにドライバーやアイアンなど、一般のショットの練習はたくさんするものの、スコアをまとめるのはショートゲーム知っているのに、その練習はしないゴルファーが多くいます。ショートゲームには好不調があまり影響しないだけにしっかりと練習したい。
アプローチ

初心のバンカーショット

バンカーショットは特殊なショットと思っていませんか?もっとシンプルに考えてみましょう。
アプローチ

まぐれのアプローチ

まぐれでアプローチが寄ることがあります。これにより次のアプローチで大きな落とし穴におちてしまうこともあります。
アプローチ

自分に合ったハーフショットの練習

ラウンド時はフルショットばかりではなくハーフショットが求められる距離が残ることはごく普通です。ただ、ハーフショットは練習しない傾向にあります。自分に合ったハーフショットの練習方法をここでは解説します。
アプローチ

ショートゲームが攻めのゴルフ

ショートゲームは守りのゴルフと思っていませんか。これは上級者の考えであって、そうでない人にとっては攻めのゴルフにつながります。