アプローチ一覧

バックスピンがかかりやすい条件

バックスピンがかかると気持ちがいいものです。ピタッととまるバックスピンもあれば、ツッツッスーという具合に止まるバックスピンもあります。今回はバックスピンがかかりやすい条件について解説します。

バンカーショットは初心にかえる

バンカーショットを特殊なショットにしているのは自分かもしれません。まずは初心に立ち返ってアプローチのつもりで行いましょう。これまでどうしてバンカーショットを複雑なショットにしていたのか?と感じるかもしれません。

残り50ヤードの距離感

フルショットでは大きく、距離感がつかみづらい50ヤード前後の距離感の出し方について解説。いろいろな方法がありますが、一部のゴルファーには合うかもしれませんね。

NO IMAGE

ショートゲームには好不調がない

好スコアを叩き出すためにドライバーやアイアンなど、一般のショットの練習はたくさんするものの、スコアをまとめるのはショートゲーム知っているのに、その練習はしないゴルファーが多くいます。ショートゲームには好不調があまり影響しないだけにしっかりと練習したい。

自分に合ったハーフショットの練習

ラウンド時はフルショットばかりではなくハーフショットが求められる距離が残ることはごく普通です。ただ、ハーフショットは練習しない傾向にあります。自分に合ったハーフショットの練習方法をここでは解説します。

NO IMAGE

スピンをかける方法1

スピンを掛ける方法について解説します。2010年クラブフェースの溝規制があり一般のアマシュアも知らず知らずのうちに新しいルールのクラブを使っている場合もあります。

カラーからパッティング

カラーからのアプローチをウェッジやショートアイアンに頼っていませんか。パターで行なうことで簡単に寄せることができます。わざわざむずかしいアプローチをする必要はどこにもありません。