飛距離アップ

飛距離アップ

ヘッドスピードを1m/s上げる方法

ボールを遠くへ飛ばすためにはヘッドスピードを上げることが手っ取り早い方向です。
飛距離アップ

ヘッドスピード測定器を利用する

ボールを遠くへ飛ばすために必要なものはヘッドスピードです。自分のヘッドスピードを知ることでクラブ選びやコースマネジメントに役立ちます。
飛距離アップ

ロフト角度とスイングアークの関係

飛距離アップのためのロフト角とスイングアークの関係について考えてみました。
飛距離アップ

ヘッドスピードを上げる方法

飛距離にもっとも影響を与えるのはヘッドスピードです。飛びの三要素は「初速・打ち出し角度・バックスピン量」です。特に初速はヘッドスピードがカギになります。ここではヘッドスピードを上げる方法をいくつか紹介します。
飛距離アップ

飛距離アップの右手の使い方

飛距離アップに欠かせない右手の使い方について解説します。左リードはとても有効な手段ですが、力のある右手を使わない手はありません。飛距離が伸びて飛ばし屋の仲間入りができるかもしれません。
飛距離アップ

右肘の使い方で飛距離アップする方法補足

飛距離アップには右ひじの使い方が大きく影響します。非力な人でも十分に飛ぶようになります。今回は右ひじの使い方で飛距離アップする方法の補足です。
飛距離アップ

ボールを見て打つ

ボールを見て打つことは当たり前のようでできていない部分です。ボールをしっかりと見て打つことはいろんな面で得しますよ。
飛距離アップ

飛距離アップは右脇の締め方

ゴルフスイングの右脇についてもう一度考えてみます。左脇同様に右脇の役割も大変重要です。右脇の締めを行なうことで飛距離アップにつながります。
飛距離アップ

飛距離はフィニッシュに表れる

スイングの良し悪しはフィニッシュに表れるものです。そのためボールがよく飛んだ時のフィニッシュもあります。フィニッシュは最後まで崩れることなくバランスよくいつまでも立っていることができる形が理想です。
飛距離アップ

ゴルフスイングの捻転する方法

ボールを遠くへ飛ばすためのゴルフスイングに欠かせないのがバックスイングからトップにかけて作る捻転の形です。捻転がしっかりとできるとパワーをしっかりと貯めることができます。
飛距離アップ

タメて飛ばす方法

ここぞというときに飛ばしたいときに意識することはタメです。ここではタメて飛距離を伸ばす方法を考えます。
飛距離アップ

ヘッドスピードを自動的に上げる

ヘッドスピードを簡単に上げる方法はあまりありませんが、その少ない方法の1つがクラブの長さを長くすることです。スイングもさほど変わらない程度の変更であれば、問題なくクラブを振ることができるのでヘッドスピードを簡単に上げることが可能です。
NO IMAGE 飛距離アップ

自称飛ばし屋

飛距離を自慢するゴルファーたち。周りからは飛ばし屋とは認められていない。
飛距離アップ

インパクトで力が抜ける

インパクトで力が抜けてしまうゴルフスイングを簡単に直す方法についてゴルフレッスン
飛距離アップ

上半身の最小限の動き

下半身を効率的に動かすことが飛距離アップにつながりますし、使い方によっては安定したスイングをすることができるようになります。
飛距離アップ

下半身リードのスイング

力がないように見えて飛距離が出る人がいます。このような人はキレとスピードに優れています。スピードを出すためにも下半身リードについて考えてみましょいう。
飛距離アップ

回転と捻転の違い

ゴルフは捻転することでパワーを蓄積できます。やり方によっては方向性アップにも繋がります。
NO IMAGE 飛距離アップ

フルスイングしよう

フルスイングはスイングを崩すことなく振れる範囲で行なうことが大切です。
NO IMAGE 飛距離アップ

体重移動するには

飛距離アップするためには体重移動が不可欠です。
飛距離アップ

タメて飛ばそう

ドラコンは自分には関係ないと考えていたゴルファーのみなさんは、タメを意識してスイングしてみてください。
SPONSORED LINK