メンタル一覧

ミスを引きずらない方法

ミスを引きずり次々にミスを誘発することがあります。ミスを次のショット・次のホールへ持ち越さないためにはどうすればいいのか。そこから抜け出す方法はみなさん自然に身についているものです。

一呼吸おくことが大切

ここまで問題なくプレーしてきたのに、突然ミスしたり、ミスしそうな状況になることは、ゴルフではよくあることです。そんなときは一呼吸おくことが大切です。

ミスの上塗りを止める

ミスをしたときに、気持ちの切り替えができないままに、プレーに入ってしまうと、どうしても前のミスを引きずってしまうものです。取り戻そうとする気持ちになることもありますし、同じミスを繰り返さないようにしたつもりが、墓穴を掘ることにつながることもあります。

NO IMAGE

もっとできたはずなのに

ゴルフほど「もっとできたはずなのに」と感じる場面に遭遇するスポーツはありません。自分に自信があることは良いことですが、何事も行き過ぎることはいけません。我慢と謙虚さを常に胸に秘めゴルフをすることが大切です。

NO IMAGE

90台のバーディーゴルフ

バーディーはアマチュアにとってはもちろんのことトッププロにとってもうれしいものです。喜び方には大きな差はあるものの、ゴルフをしている人にとって、基準打数(パー)を切ることは、永遠の目標です。

NO IMAGE

不安はドライバー

ドライバーの練習不足からくるドライバーの不安。アイアンの練習も大切ですが、ティーショットは、その日一日の気分まで変えてしまうほど重要なことですよね。

NO IMAGE

6インチプレース

「自分に厳しく」という言葉はよく耳にしますが、ゴルフにおいてこの短い言葉で十分すぎるくらい通用します。ゴルフは人生にプラスの部分をたくさん与えてくれるスポーツです。

NO IMAGE

気持ちの持ちよう

ゴルフでは自分の思い通りに行かないことが多く、自分の考えと違う行動を取らなければならない場面がよくあります。そのためゴルフは我慢が伴います。

NO IMAGE

後の祭り

ラウンドも終盤になると1つのミスをしてしまうとそれを取り返そうと無理して攻めたりしてしまうものです。どれだけ平常心を保つことができるかが試されているのです。

NO IMAGE

1日で5日分の練習をする

2つ3つと想いを込めていけば、100球の練習も200球300球の練習になるのです。5つの想いを込めれば1日で5日分の練習になるのです。練習では本番を想定して練習しましょう。

NO IMAGE

実践で挑戦する

自分の足りない部分を練習しているにもかかわらず、ラウンドではそれを実践しようとしないところに問題がある。挑戦することが大切です。