パター一覧

パターの低く長いストローク

テレビでトーナメントを見ているとグリーン上でパターフェース面を正面の低いところからアップで見ることがあります。パッティングが上手いプロに共通するのかどうか分かりませんが、低く長いストロークがとてもかっこよく見えるものです。あんな風に低く長くパターヘッドを動かすためにはどうすればよいのでしょう。

ゴルフボールに線を引く

ゴルフボールに線を引くことで、アドレス時のチェックに使ったり、フェース面をボールに合わせることで狙い通りにクラブをセットすることができるというトッププロも使う方法です。

ラインの読み間違いなのか

ラインの読み間違いで拍子抜けしてしまうことがありますが、それ以上に致命的なことがあります。ラインが合っているのかそれともストロークが悪いのか分からないことです。

パッティングスタイルの確立

パッティングの練習をする人もいればそうでない人もいます。4パットしてしまうことはグリーン上でOBを打ったことと同じです。パットの重要性をしっかりと認識しましょう。パッティングは練習すればすぐに上手くなる部分です。地味な練習になりますがスコアアップには欠かせません。

NO IMAGE

スライスラインが苦手

パッティングスタイルが右打ちの場合、カップの右を抜けることがありませんか。私はこれでかなり損してきました。パットに自信を無くしていたのですが、1つのことで自信を取り戻し以前よりもパッティングが良くなったと自負しています。

NO IMAGE

パッティングの歩測

パッティングの歩測はいつかはやめるべき行動だと個人的には考えています。スロープレーになる恐れもありますのでやり方には注意しましょう。

パッティングの距離感を磨こう

パッティングはゴルフの最終的なスコアを決定する大切なポイントです。パッティングをおろそかにしているといつまで経っても良いスコアを叩き出すことは出来ません。スコアが伸び悩んでいるゴルファーはパッティングをもう一度見直してください。