パター

パター

下りのラインの距離感

下りのラインはむずかしく考えないことが大切。いくつかのポイントを押さえると簡単になります。
パター

パターの低く長いストローク

テレビでトーナメントを見ているとグリーン上でパターフェース面を正面の低いところからアップで見ることがあります。パッティングが上手いプロに共通するのかどうか分かりませんが、低く長いストロークがとてもかっこよく見えるものです。あんな風に低く長くパターヘッドを動かすためにはどうすればよいのでしょう。
その他

パターあるある

ドライバーやアイアンに比べてないがしろにしがちのパター。パッティングについてのあるあるです。
パター

ショートパットとロングパット

ショートパットとロングパットとでは入れるパットと寄せるパットで目的が違ってきます。そのため重要な点も変わってくるものです。
パター

パット数がスコアを左右するかも!?

パッティングを疎かにしているゴルファーはたくさんいます。とてももったいないですよ。場合によっては10打以上スコアが縮まることも多いです。
パター

パッティングの距離感を練習する

パッティングの距離感を養う練習方法についてのお話です。距離感を研ぎ澄ましバーディーラッシュを狙いたいですね。
パター

ゴルフボールに線を引く

ゴルフボールに線を引くことで、アドレス時のチェックに使ったり、フェース面をボールに合わせることで狙い通りにクラブをセットすることができるというトッププロも使う方法です。
パター

パッティングの上手いゴルファー

パッティングを得意とするゴルファーには大きく分けて2つのタイプがいます。ジャストタッチで狙うゴルファーとストレート気味に狙うゴルファーです。
パター

ラインの読み間違いなのか

ラインの読み間違いで拍子抜けしてしまうことがありますが、それ以上に致命的なことがあります。ラインが合っているのかそれともストロークが悪いのか分からないことです。
パター

パッティングスタイルの確立

パッティングの練習をする人もいればそうでない人もいます。4パットしてしまうことはグリーン上でOBを打ったことと同じです。パットの重要性をしっかりと認識しましょう。パッティングは練習すればすぐに上手くなる部分です。地味な練習になりますがスコアアップには欠かせません。
パター

スライスラインが苦手

パッティングスタイルが右打ちの場合、カップの右を抜けることがありませんか。私はこれでかなり損してきました。パットに自信を無くしていたのですが、1つのことで自信を取り戻し以前よりもパッティングが良くなったと自負しています。
パター

初心者のほうがパッティングが上手いのか

初心者のころのほうがパットが入っていたような気がします。ロングパットが入ったりしたものです。しかし、本当に初心者のほうが上手いのでしょうか。そんなことはありません。
パター

パッティングの肩のストローク

パッティングでは肩のストロークが現在は主流になっています。スコアに大きく影響するパッティングの上達をお手伝いします。
パター

最後は練習してないパッティング

パッティングで大切なことは3つ。距離感、ラインの読み、パッティング技術です。久しぶりのバーディーパットも、普段練習してないパッティングに委ねなければならないのは残念です。
パター

パッティングに影響を与える要因

パッティングに影響する距離感と方向性。風や雨もありますね。
パター

ベテランのパッティングの距離感

パッティングは距離感とラインを合わせなければ入りません。その考え方について解説。
パター

ストロークプレーのOKパット

1対1のマッチプレーでOKを出すのは良いのですが、複数でラウンドするストロークプレーでOKパットルールをするのは問題がありすぎです。
パター

カラーがかかるグリーンの距離感2

グリーン上でカラーにかかってしまうと距離感を出すことが大変むずかしくなり、プロでもミスする場面をよく見かけます。大きなミスにならないためのゴルフレッスン。
パター

カラーがかかるグリーンの距離感1

カラーにかかってしまう場所にオンしてしまうことがあります。距離感が大変むずかしい場面です。そんなときの考え方についてゴルフレッスン。
パター

パッティングの歩測

パッティングの歩測はいつかはやめるべき行動だと個人的には考えています。スロープレーになる恐れもありますのでやり方には注意しましょう。
SPONSORED LINK