スイング全般/グリップなど

スイング全般/グリップなど

トップで止めるスイング

松山英樹選手のスイングはトップで止まっているように見える。あれだけ長く止まって見えるのであれば実際に止まっているのだろう。私たちアマチュアでもできるのか試してみた。
スイング全般/グリップなど

道具を使わない練習を考える

ゴルフに限ったことではありませんが、道具(ゴルフクラブやボール)を使わないで練習するということはあまりありません。道具を使わない練習のメリットなど。
スイング全般/グリップなど

素振りで練習しよう

ゴルフも他のスポーツと同じくボールを飛ばすスポーツです。それなのに練習で素振りすることを疎かにしていることが多いです。
スイング全般/グリップなど

初心者ゴルファーが真っすぐに飛ばす方法

初心者ゴルファーがボールをまっすぐに飛ばすための簡単な方法について解説します。
スイング全般/グリップなど

コンパクトなスイングを身に付ける

コンパクトなスイングをすることで大きな失敗を減らすことができます。コンパクトなスイングを身に付ける方法について解説します。
スイング全般/グリップなど

コンパクトなスイングとは

ゴルフにおいて飛距離を求めるためにオーバースイングなどの極端なスイングになってしまっていませんか。コンパクトなスイングをすることで直ることは分かっていますが、コンパクトなスイングとはいったいどんなスイングでしょうか。
スイング全般/グリップなど

トップを小さくする方法

大きなトップが決して悪いわけではありませんが、そこにオーバースイングなどが付いてくることがあります。オーバースイングになるとなかなか直すことが難しくなります。トップを小さくしてみましょう。
スイング全般/グリップなど

簡単にまっすぐ打つ方法

もしもゴルフでまっすぐにボールが飛ぶのであれば、スコアはとてもよくなります。だた曲がるから面白いんですけどね。今回はまっすぐにボールが飛ぶ打ち方についてお話します。
スイング全般/グリップなど

正しいコツをつかむ

ゴルフにだってコツってあります。それが正しければしっかりとレベルアップにつながります。ゴルフには教科書がありませんので、自分で探し出すしかないのです。
スイング全般/グリップなど

ショートウッドが上手い人

個人的には苦手なウッド系。近年当たり前のように使われているショートウッドですが、上手い人には共通の打ち方がありそうです。
スイング全般/グリップなど

寒いときは松山英樹で

寒くなってくると、スイングが思うようにできなくなります。そんなときは松山英樹選手のようなスイングを。
スイング全般/グリップなど

脇が締まる感覚を知る方法

「脇が空いているぞ」と指摘されることがありますが、しばらくすると忘れてしまいます。しっかりと体に覚えこませるためのゴルフレッスン。
スイング全般/グリップなど

先にフィニッシュを作る

ナイスショットのときは必ずフィニッシュも決まるものです。それを逆手にとって先にフィニッシュを作りましょう。
スイング全般/グリップなど

ハーフスイングを身につける

ハーフスイングが必要な場面で練習しておけば良かった!!ということにならないようにラウンド前には必ず身につけておきたいスイングです。
スイング全般/グリップなど

ゴルフのタメもほどほどに

ボールを遠くまで飛ばすためにはクラブヘッドを速く動かすことが大切です。ヘッドスピードを一瞬で上げてくれるタメという動きですが弊害もあります。
スイング全般/グリップなど

開眼をリセットする

スイングが小さくまとまってしまうことって、ゴルフをしていると何度も感じることです。年に一度は自分のスイングを見つめ直してみましょう。
スイング全般/グリップなど

ダフリ気味のスイング

ダフリ気味にゴルファーへのアドバイスです。ここぞというときにダフるゴルファーへ。これで治る方もいると思います。
スイング全般/グリップなど

ゆっくりとしたスイングテンポ

松山英樹選手や女子プロなどスイングテンポがゆっくりとしたスイングが注目を集めています。ゆっくりとしたスイングテンポのメリット・デメリットを解説します。
スイング全般/グリップなど

スムーズなスイング作り

スイングにたくさんのポイントを作っているゴルファーは私だけではないはずです。スムーズさを失わないスイングをするためには、考え事を少なくすることが何より大切です。また、上級者と初心者・アベレージゴルファーの違いも少しだけ解説。
スイング全般/グリップなど

スイングを作り直す方法-実践編

スイングを作り直す方法として有効な手段。それが小さなスイングから作り直す方法です。
SPONSORED LINK