スイング全般/グリップなど

スイング全般/グリップなど

スイングを作り直す方法-準備編

スイングを作り直すことの手始めはやはりグリップです。グリップを10分練習すれば練習量の3倍早く上手くなれるといわれます。どんなグリップにするのかしっかりと計画を立てて練習しましょう。
スイング全般/グリップなど

スイングを作り直す方法-決意編

スイングを作り直すことは並々ならぬ決意が必要になります。周りの誘惑に負けず、じっくりと取り組むことが大切です。簡単にスイング改造することはできません。
スイング全般/グリップなど

グリップ力と振り遅れ

振り遅れはグリップの握り方や体重移動を少し変えるだけで直ることもあります。振り遅れの直し方について解説します。
スイング全般/グリップなど

開眼の使い方

ゴルフのスイングにおいて、練習場で開眼した時の気持ちは天にも昇るきもちになりますが、すぐに冷めてしまうのも開眼の特徴です。しかし、この開眼が本当の意味で自分のスイングの重要なポイントだったとすると。
スイング全般/グリップなど

スタンスの向きでゴルフが変わる

初心者ゴルファーはスタンスの向きを変える練習をすることでスイング軌道について短期間で理解することができるようになります。ただスイングを固めるために練習するのではなくスタンスの向きをいろいろ試してみて下さい。
スイング全般/グリップなど

左が方向性・右がパワーの役割

ゴルフスイングにおいて左が方向性の役割で右がパワーの役割といわれることについて解説します。
スイング全般/グリップなど

オーバースイングは始動から

オーバースイングを始動から考えてみます。スエーを利用して直してみましょう。
スイング全般/グリップなど

自然なグリップの握り方

グリップはクラブと体を唯一結び付ける結合点です。ここをおろそかにすると体の動きを上手くクラブに伝達することができませんのでとても重要な部分です。
スイング全般/グリップなど

インパクトの形

インパクトはアドレスの再現といわれます。インパクトの形を再現するためゴルフの先輩に教えていただいたゴルフレッスン。個人的には上手くいきませんでしたが、誰かに合うかもしれません。
スイング全般/グリップなど

オーバースイングの直し方

オーバースイングは直そうと思っていても諦めてしまうことが多いです。原因は時間がかかってしまうからだと思います。時間はかかりますが、いくつかのオーバースイングの直し方を解説します。
スイング全般/グリップなど

左肘が曲がると右肩が下がる

左脇が空くと左肘が曲がったり抜けたりします。結果的に右肩が下がることにもつながり、悪いことの連鎖が起きてしまうものです。
スイング全般/グリップなど

帽子でヘッドアップ克服

ヘッドアップはゴルフを行なう上で最初に指摘される注意事項です。どんなスポーツでもボールから目を離すことはいけないことです。しっかりとボールを見てスイングしましょう。
スイング全般/グリップなど

上級者風アドレスを身につける

アドレス姿勢を見るだけで上級者と分かります。当然ですが、下手なゴルファーも分かります。それくらいアドレス姿勢は大切です。
スイング全般/グリップなど

どうしてオーバースイングは直らないのか

オーバースイングは見た目も悪く、方向性も悪いスイングです。できるだけ早く直したいのですが、飛距離の欲求からなかなか直らないのです。ゴルフは飛距離を競う競技ではありません。
スイング全般/グリップなど

望まないインテンショナルショット

曲げようと思って曲げているわけではありません。しかしボールが曲がってしまう。そんな望まないインテンショナルショット。それはアドレスのミスから始まっています。もう一度アドレスを考えてみましょう。
スイング全般/グリップなど

まっすぐ飛ばす方法

まっすぐ飛ばすことができればどれだけ楽か。まっすぐ飛ばすためには、2つのことを行なうことが重要だと思っています。
スイング全般/グリップなど

目を閉じて見えることがある

普段の練習では分からない、見えてこないことが目を閉じて素振りをするだけで見えてくることがあります。ここ数年の練習でも掴めなかったことを、ほんの数分で感覚として理解できるかもしれませんよ。
スイング全般/グリップなど

手打ちスイングを解消しよう

ゴルフを長年プレーしていると、手打ちスイングになっていることに気付かないことがあります。初心者と違って、手打ちスイングでもそこそこスコアでラウンドしてしまうので、そこに気付かないことも多いです。
スイング全般/グリップなど

アドレスの前傾姿勢を保つ方法

前傾姿勢が美しいゴルファーはゴルフが上手く見えます。見た目からも分かる背すじがピーンと張ったアドレスの方法について考えてみました。
スイング全般/グリップなど

ここか!前後の体重の掛け方

多少のスエーは良いとして、大きなスエーはスイングを壊します。スエーには左右のスエーのほか前後のスエーが存在します。実はこれが厄介です。