極太パターグリップのメリットとデメリット

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「極太パターグリップのメリットとデメリット」です。

ここ数年、たくさんのバリエーションのパターが発売されています。私がゴルフを始めたころへタイムスリップすることができるなら、きっと笑わるでしょう

極太パターグリップのメリットとデメリット

ネオマレット型と言われるパターは形にとらわれない理にかなったパターです。

「形よりも入ることが重要だ!」

そのとおりです。入るならどんな形のパターだって使うのがゴルファーです。

そんな中でパターグリップも大きく変貌を遂げました。

極太といわれるパターグリップです。

パターグリップが太くなると感覚が変わる

以前はパターは購入したらツルツルになるまでグリップを替えることがないクラブという印象でしたが、時代は変わりました。私もイオングリップあたりから何度も交換しています。

パターグリップは少し太くなっただけで感覚が大きく変わります。

パターにバランスは必要ないという方もいますが、グリップがここまで大きくなるとそうも言えなくなります。

私はどちらかというとあまりにもヘッドが効いていないパターは苦手です。みなさんの中にも同じ気持ちの方がいるはずです。

ヘッドが効かないと、グリップを振っている気持になるのです。あくまでも個人的な感覚です。どこにヘッドがあるのかある程度の感覚は残しておきたいと思っています。

そんな私たちを満足させてくれるのが最近のパターグリップです。素材などを開発し軽量になっているグリップもありヘッドの重さを意識できるようになりました。

極太パターグリップのメリット

太いパターグリップのメリットは細めのグリップに比べて、前面や側面の平面部分が広いためにそれに連動してフェース面の向きを意識しやすいことです。

平面部分が広いので向きを管理しやすい

アドレスだけでなくスイング、インパクト時でもフェース面をコントロールできます。

オートマチックにパッティングすることが得意なマレット型に合う太いパターグリップなので、フェース面のコントロールしている範囲を外れると違和感が半端ないです。

ゴルフグリップ 通販|GDOゴルフショップ
ゴルフグリップの通販ならGDOゴルフショップ。人気の最新モデルからセール品まで豊富な品揃え。ゴルフグリップの選び方に迷う方も、売れ筋ランキングや口コミを参考にお選びいただけます。14時までの注文で最短翌日お届けします。

回転角度が同じでも大きく感じ取ることができる

細いグリップと太いグリップのグリップ前面の真ん中を中心として考えた場合、回転角度が同じだったとしても、幅のある太いグリップでは感覚的にかなり違和感を感じることになると思います。

回転角度が同じでも大きく感じ取ることができる

 

感じる回転角度を大きく感じとることができます。

回転した長さが同じでもフェースの向きが違う

逆に考えると、細いグリップで回転した長さ(弧の長さ)と同じ長さを太いグリップで動かした場合、フェースの向きは細いグリップが大きく向きを変えるのに対して太いグリップは小さくて済みます。

回転した長さが同じでもフェースの向きが違う

簡単にいうと、あくまでも感覚的な部分ですが、少し向きが変わったと感じてもそれほど向きが変わっていない感じがするのです。このようなことが極太グリップのメリットです。

極太パターグリップのデメリット

上記のメリットに対して当然ですが、デメリットもあります。最初に取り上げました、グリップの重さです。すべてのパターに合うわけではありません。ただ、気にしないという人もいます。

もしもピン型のパターに付けた場合は、見た目でずんぐりむっくりの形を受け入れることができるのか、そのあたりもデメリットといえます。

オートマチックが仇になることも

極太パターグリップはオートマチックなパッティングに向いています。いわゆるストローク型のパッティングスタイルです。

ところが、パターのグリップが少しクローズにあるいはオープンに刺さっているとその通りにフェース面が動きますので少しずつ外れるパターになってしまいます。

普通に考えるとグリップの平面部分が広いので、グリップがクローズあるいはオープンになっていることをすぐに感じることができるといえます。

そのためグリップ交換は繊細な注意が必要になります。個人的にはグリップ交換に関してはショップなどに任せることなく自分で行なうことをおすすめします

手元の動きで敏感に反応する細いパターグリップ

細いグリップのパターは手元が少し動いただけでヘッドが敏感に反応します。だから悪いというわけではなく、このようなパターが好きな人もいればそうでない人もいるということです

タイガー・ウッズ選手は細めのパターグリップを使用しています。ピン型のパターなのでそれにマッチするグリップを考えると細めのグリップというだけではなく、パターを変えてもGolf Pride製(PP58)のグリップを使い続けています。

共に戦ってきたグリップに対する信頼感もあるでしょうし、繊細なタッチを必要とするパッティングの場合、グリップは体の一部のように敏感に反応してくれるものがいいのでしょう。

おすすめは新品パターに極太パターグリップ

もしも、細いグリップのパターを使っていて悩んでいるのであれば、思い切って極太に変えることも考えていいでしょう。

おすすめはこれまでのパターはエースパターとしてまたは記念に取っておいて、新しいパターに極太パターグリップを付けることです。

ゴルフ パター 通販|GDOゴルフショップ
パターの通販ならGDOゴルフショップ。人気の最新モデルからセール品まで豊富な品揃え。パターの選び方に迷う方も、売れ筋ランキングや口コミを参考にお選びいただけます。14時までの注文で最短翌日お届けします。

これなら失敗しても今までのパターに戻るだけです。

ではまた

コメント