ガッカリ!飛距離はアドバンテージ

ガッカリ!飛距離はアドバンテージ

残念ながら飛ばし屋ゴルファーはやはり有利なのです。どんなにあがいても越えられない壁がそこには存在するわけで、飛ばない人はできるだけ・・・

飛ぶ部類に入るように練習しましょう。

ドライバーの飛距離はアドバンテージですし、ドライバーが飛ぶ人はアイアンだって飛びます。ただ、その力を間違った方向へ使わないことが前提です。どうしても飛ばし屋は飛ばしに走るくせがありますからね。

パワーのあるゴルファーは、ドライバーが飛ぶわけですから、セカンドショットの残り距離が誰よりも短く、ピンに近い位置からショットできることになります。

以下は一般的なゴルファーとパワーのあるゴルファーのアイアン飛距離を比較した例です。

残り距離 一般的なゴルファーの番手 パワーのあるゴルファーの番手
110ヤード
9番アイアン
AW
120ヤード
8番アイアン
PW
130ヤード
7番アイアン
9番アイアン
140ヤード
7番または6番アイアン
9番または8番アイアン
150ヤード
6番アイアン
8番アイアン
160ヤード
5番アイアン
8番または7番アイアン

ここで一般的なゴルファーが残り150ヤード、パワーのあるゴルファーが残り120ヤードだったとします。距離にして30ヤードの差がここで生まれることになります。

すると、セカンドショットの番手は、上の表から一般的なゴルファーが6番アイアンになります。一方パワーのあるゴルファーは残り120ヤードをPWになるのです。

距離にして30ヤード。一般的なゴルファーの感覚でいくと、120ヤードは8番アイアンですから、2番手の差になるのですが、パワーのあるゴルファーは120ヤードをPWで打ちますので番手差が、4番手も違うことになるのです。

4番手の差って大きいです。一概に言えませんが、レディースティーとフルバックティーの違いがあるといっていいでしょう。パワーのあるゴルファーは、一般的なゴルファーがレディースティーからラウンドしている感覚に近いわけです。

セカンドショットを一般的なゴルファーの後に打つことができるパワーのあるゴルファーは、分かりにくい風向きも一般的なゴルファーのショットが参考になるのです。

しかも4番手も短いアイアンで打つショットわけですから、セカンドショットがピンに近づくのはパワーのあるゴルファーになる確率が当たり前のように高くなります。

それにより、短いパッティングが残ることになり、同伴者の行ったり来たりのパッティングラインが参考になりバーディが取れる確率がさらに増すことになります。

というわけで一般的なゴルファーの方は・・・

パワーを付けることも大切です

あくまで理屈上のことです、気になる方はそうすべきです。

ではまた

シェアする

フォローする