飛距離そのままに方向性アップ

”けん”です。本日のお題は「飛距離そのままに方向性アップ」です。そんなことできることないゾ!って声が聞こえてきます。とても矛盾したことなんですよね。

飛距離を求めれば、方向性が悪くなる・・・

方向性を求めると、飛距離を落としてしまいます。

どうすればいいのでしょうか?

2つ方法をお話します。よくある話ですが、まず一つめ、長尺ドライバーを使う!?

・・・

って、それでは方向性が悪くなるんじゃないか!となってしまいますよね。みなさんもゴルフショップでヘッドスピード計ったことありますよね。もしも、まだ計ったことがなかったら、ぜひ、お近くのショップで計ってもらってください。今回のお話は別にして、知っておいたほうがいいですよ。

ショップにはいろんなクラブがあると思います。なかには、同じゴルフクラブで長さの違うものが用意されていることがたまにあります。これを打たせてもらうことです。長さの違うドライバーを打たせてもらうと、長いほうがヘッドスピードが上がりますよね。ヘッドスピードが上がるということは飛距離アップにつながるということです。

”けん”もゴルフショップで同じクラブの長さが違うドライバーを打ったことがあります。ヤマハのドライバーでした。ちなみに、インプレスシリーズではありません。その前のシークレット01でもパワーマジックでもありません。もっと前のものです。

飛距離そのままに方向性アップ

しかし、短いドライバーと同じようにマン振りしたら、長さに慣れていない分!?方向性が悪くなるはずです。そこで同じように振るのであれば長尺ドライバーのほうが飛ぶと仮定した場合 (^m^) ウププ…

マン振りしないで、短いドライバーと同じ飛距離にして、あとのエネルギーは方向性に回す。これで行ったらどうでしょう。簡単にいうと長いドライバーで振るんですが、短いドライバーのヘッドスピードで振るということです。

現在、大人気の女子ツアーですが、どうして女性なのにあんなに飛ぶのでしょうか?ドライバーはやはり長尺使っている人が多いです。これは飛距離を出したいからでしょうけど、”けん”と同じ考えの方も多いと思います。長い分だけスイングスピードより、タイミング・リズムを大切にして振ることだと思います。

そして、2つめの方法ですが、

上記の長尺ドライバーは、ゴルフギアで飛距離と方向性を狙ったものです。今度は、体を鍛えることによってそれを可能にする方法!いたってシンプルです (^^;)v

体を鍛え、ヘッドスピードを上げることで、もしかしたら、方向性も飛距離もアップするかもしれません。トッププロが体を鍛えているのは、方向性をアップするためだって丸山茂樹選手も言ってましたよね。それです。

とても参考になるサイトがありますのでご紹介しておきますね。

■ ミズノ〈ゴルフボディの強化書〉 http://www.golfersland.net/golfbody/

コピペで覗いてみてください。けっこう以前からあったサイトで、”けん”もこのサイトの影響で、でっかいボール買いました!このでっかいボールやゴムですが、最近では近所のホームセンターの健康グッズコーナーなどに置いてあったりしますのでチェックしてみてください。

というわけで、「飛距離そのままに方向性アップ」したいのであれば、長尺ドライバーを使用しましょう ということでした。

そして、今回はみなさんにとても大切な言葉を送りましょう。

大は小を兼ねる (`-´゛) 知ってるよ

大きなものは小さなものの効果を持っていること!(`-´゛) 知ってるよ

ではまた

シェアする

フォローする