飛ばし屋の共通点補足

本日のゴルフレッスンは「飛ばし屋の共通点」の第2回目となります。前回の内容の補足と思ってください。ゴルフを始めたばかりのころはホントに飛びませんでした。その悩みも解決し今では飛ぶほうになったと思います。誰もが抱えている悩みです。

「あと10ヤード飛んだらなぁ」

「スライスさえなくなればなぁ」

悩みは付きません。前回の飛ばし屋の共通点では10センチ先まで左ひじを曲げないようにする事という内容でした。読者のみなさんお試しになりましたでしょうか!これでリストターンをキレイに行なうためのレッスンですから、まだ試していないのであれば、次回練習場で試してください。

飛ばし屋の共通点
飛ばし屋には共通点がある。左肘の伸びについてのゴルフレッスン

中には、練習もしないでコースで試すチャレンジャーもいらっしゃいますが、論外です。この練習の目的は先にリストターンを覚えるためのものですからお間違えの無い様に。ゴルフセンスがいい人を見ていると必ずやってます。それも自然に!持って生まれた素質なのでしょう。この前、お話した顔立ちのいい人です。私は面構えに属しますので努力以外ないわけで orz

でもこの練習で10センチ先で左ひじを伸ばすことができたら今度はその場所で右ひじも伸ばしてみてください。違った感触が味わえます。いい意味で!ボールの10センチ先で両腕を伸ばすのです。私は坂田プロの大ファンです。ショートスイングだいぶ練習した口です。本も買ったビデオも全巻持っています。擦り切れるほど観ました。

やってみるとできません!?

チャレンジしては挫折の繰り返しでした。理論的にもよく理解していたつもりでしたが、チャレンジ半ばで挫折していました。ショートスイングはフルスイングのための練習であるのに練習はショートスイングができるようになるための練習になっていました。

あるとき、ショートスイングをしても中途半端で実際はスリークォーターショットになっていることに気づきました。人間の感覚って大きな誤差があるものです。

SPONSORED LINK

飛ばし屋になるために

自分で感じているショートスイングをもっと小さくすればできるようになるのでは!とヒラメキやってみるとこれが結構うまくいきます。ではもっと小さくすればとやっていくうちに、10センチ先で両腕を伸ばすとリストターンがキレイにきまるのです。

この10センチは私の感覚ですから万人向けではないかもしれません。人によってはこの感覚が30センチかもしれませんし、逆に5センチかもしれません。でもこの感覚を大事にしたいと思ってその日は700球打ったことをゴルフ日記に書いています。それから数日、手にまめができて練習できませんでした。

うれしくって打ちすぎ注意です!

次回の練習でみなさんも試してみてください。ドライバーはボールがフェースに乗る感覚!アイアンはダウンブローに打ち込める感覚があると思います。ちなみにアイアンで10センチ先で両腕を伸ばすと練習場のマットにはね返されますが、それでも強引に行います。

ひじが痛くなりますが、我慢してやってました。練習場のマットの下のゴムが薄いと痛いです。ご利用は無理されませんように!

ではまた

シェアする

フォローする