コントロール下の最大飛距離

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「コントロール下の最大飛距離」です。ゴルフでは飛距離が出る方が有利なことは確かです。しかし、その飛距離が最大の弱点になることもあるわけです。

それだけに、ゴルフでは飛距離を求めろ!という人と、飛距離よりも方向だ!という人もいます。

どちらが正しいのかというとどちらも正解でどちらも間違いのような気がしますが、自分のレベルや憧れが言葉に込められているような気がしてなりません。

もともと飛距離が出る人にとっては、もっと飛距離を伸ばすより方向性を良くしたいものですし、飛距離が出ない人にとってみれば、やっぱり飛距離がほしいと思うものです。ないものねだり的な部分になりますね。

それとは逆に飛距離が出る人でももっと飛距離を伸ばしたいと思っているわけですし、飛距離を伸ばすためには方向性をよくしなければ飛距離を伸ばす意味がないということも言えるでしょう。

飛距離が出ない非力なゴルファーにとって何とも寂しいお話になりますが、気を落とさないでください。

現在は・・・飛ぶドライバーがたくさん存在します これ大型ヘッドだよ (^m^)

また、非力なゴルファーが飛ぶようになると飛距離の出るゴルファーと一緒で曲がることに悩み始めます。方向性を求めるようになると思いますよ。

結局、ある程度の飛距離と抜群の方向性がみんな欲しいわけです。しかし、この”ある程度の飛距離”が曲者なんです。

私たちが欲しがっている飛距離は曲芸的な飛距離ではなく、ラウンド時に有利に戦える飛距離です。

私たちに今できることは、コントロールできる方向性のもとで最大の飛距離を出すことだと思います。このことについてみなさんも分かっているはずです。しかし、周りの人たちは・・・

「お前、振りすぎだよ」「ゴルフは方向性だぞ!」って言うんです。

練習場では、2つのことを練習しなければなりません。

一つはコントロールできる方向性のもとで最大の飛距離を出す練習をすることですが、もう一つは、飛距離だけを追求することです。

どれくらい方向性が悪くなるか理解しないとコントロールできているかも分かりませんからね。比較できませんよ。

“振りすぎ”も続けていれば、形が出来てコントロールできるようになるかもね!

できればみなさんには、コントロール下の最大飛距離を目指してもらいたいものです。

ではまた

追伸、

昨年末に初心者のゴルフレッスンコンテンツを作るとういことでトップページを紹介しましたが、別サイトで作ることに変更しました。今年は、それとは別に、あと1つ2つサイトを増やす予定ですので、みなさんに紹介できる日を楽しみにしています。

シェアする

フォローする

コメント

  1. バックスイングとダウンスイングのスピード

    この年始のお休みに、3日連続で練習場に通い、ミニ合宿をしました。

    合宿といっても一人合宿ですので、単なる3日間毎日練習場に通いましたということだけですが…

  2. 目指せ300 より:

    はじめまして

    日々このブログで精進しております

    最近ゴルフの神が降りてきたらしくドライバーの調子がよく自分のライバルが眼中から消えちゃいました(笑)

    これを弾みに・・・

    けんさんのおっしゃる

    インパクトでヘッドを低く!

    肘を10センチ先まで延ばす!

    をここ1ヶ月重点的にとりくんだ結果・・・

    我が愛器金属バット君(ニッケントの四角いやつです)が火を噴き
    御臨終しました(笑)

    アイアンだと球がめちゃくちゃ捕まってGOOD!です
    (特にハーフスイングで)

    しかしスイング時インパクト以降?右手でクラブを振っているような気がします!

    このままでよいのでしょうか・・・?

    ちなみにマッスルバックの7番をレンジで145ヤード飛ぶようになりました!!!

    ちなみにけんさんはハーモニーというクラブはご存知ですか?

  3. けん より:

    目指せ300 さん
    はじめましていつもブログ見ていただきありがとうございます。

    10センチ先まで~を実践して感じが掴めたということですね。よかったです!言葉ではなかなか伝わりにくいので”書いていいものかどうか”迷ったこともあったんですよ。

    最初にこの練習を始めるときはとても確率が悪かったり、肘を伸ばしているとは言っても実際は伸びていなかったりするんです。その感覚は「やってみて」→「上手くいった」人にしか分からない部分があるはずです。おそらく目指せ300さんはその感覚を感じることができたのでしょう。

    「アイアンで球が捕まる」ということですが、”けん”も同感です。ハーフショットで特に良いのは上手くいっている証拠だと思います。
    まず、一般的にはこれを感じることすらできず、諦めてしまいますからね。(”けん”の説明がヘタなので(>人<))

    上手くいったとき、そうでないとき、の感覚がすごく分かると思います。ラウンドでは、ターフが取れるようになると思いますし、フェアウェイバンカーにつかまり、少々ダフったとしてもしっかりとヒットしてくれるはずです。

    「インパクト以降、右手でクラブを振っている感じがする」ということですが、体が止まっているかもしれませんね。体が止まり、左腕がクラブを止めているのかもしれません。

    今後はスムーズなスイングになるように、まずは素振りで確認してみてください。トップからフィニッシュまでよどみなくスイングできたら、実際にボールを打つような練習です。当然ですが、素振りでも10センチを意識しながら行なうことが大切ですよ。1球1球大切にして練習しましょう。30球も練習すれば疲れますけど(^m^)

    そうすればもっと飛ぶようになると思います。

    それと、ハーモニーというクラブは見てみないと分かりませんね。メーカーの名前でしょうか、それともクラブのブランドの名前なのでしょうか。ドライバー、アイアン、クラブは何でしょう?古いクラブですか?ブリヂストンのハーモテックは知っていますけど。

  4. 目指せ300 より:

    お返事ありがとうございます

    自分はまだゴルフを初めて2年位でコースデビューはしてません

    理由は仕事が忙しすぎてなかなか…(笑)

    ドライバーはニッケントの3Dツアーでしたがこの前の練習でヘッドのフェースの上が割れましたのでしばらくは叔父からもらった野球で有名なZの古いドライバーで我慢です(笑)

    アイアンは叔父からもらったハーモニー?と筆記体で書いてある古いマッスルバックです
    三番アイアンだけなぜかトゥールーテンパーの見たことのないシャフトが刺さってるので近々DGのS400に統一したいと思ってます

    これからもけんさんに勉強させてもらいます(笑)