フェースの芯に当てることで飛距離アップする方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「フェースの芯に当てることで飛距離アップする方法」です。

これは私がゴルフを始めて数年立ち、調子が悪かったときに考えた事です。毎回行えることではありません。これ以上のどん底はないというときに使えます

クラブフェースの芯に当てるにはどうしたらよいか。芯に当てるにはボールをしっかりと見ること!なんていわれます。

スイング中にボールがあるだけ

しかし、現在のゴルフ理論ではボールをしっかり見ることはあまり強調されていません。あまりにもボールを見つめると身体が固まってスイングがスムーズに行えないということもあるでしょう。

身体と一緒に頭も回すルックアップ打法。ボールを見ていないようなスイングです。デビッド・デュバル選手やアニカ・ソレンスタム選手で有名になったスイングです。

「スイングをしている軌道の途中にボールがあるだけ」という考え方は確かに理想です。しかし、ここにはフェースの向きの管理が入っていません。

ボールの位置付近ではしっかりとフェースの向きを意識しなければボールには当たるけど、どこに飛ぶかは勝手にしてくれということになります。

なのでフェースコントロールは必要です。

ルックアップ打法について

アニカ・ソレンスタム選手は身体の回転・振り抜きを良くする練習のために行なっていて、練習内容が実践でも使えるということでルックアップ打法になったそうです。

私が実際にルックアップ打法を行なうとインパクト時、左肩が浮き(右サイドが下がる)ボールにまともに当たりませんでした。芯に当てるどころかボールに当てる事もままならないのです。

ガチガチに固まった私のスイングでは受け入れることはできませんでしたし、何よりもボールを見ない恐怖は半端なかったです

フェースの芯に当てることで飛距離アップする方法

フェースの芯に当てることで飛距離アップする方法

みなさんはクラブフェースの芯にボールを当てる事を考えた事がありますか?

当たり前だろ!」と聞こえてきそうですが。

こんな事をブログで伝える事でもないと思うのですが・・・

ボールが当たる瞬間を本気で見るようにしてみてください。

普段から「ボールをしっかり見る」という言葉だけで納得している部分がありませんか?

死ぬ気でボールが飛び出す瞬間を見る、くらいの意気込みが必要です。

その時にフェース面がボールに対して直角に当たっているかボールがどこに当たったか本気で見る気持ちで打ってみてください。

なぜか飛びます

これはドライバーでしか行なったことありませんが、気持ちいいほど芯に当たります。簡単なことです。本気でやるか、やらないかだけのことです。

フェース面がボールに対して直角に当たっているのであれば多少のアウトサイドインやインサイドアウトでもスライス・フックは出にくくなります。

ボールを見て固まりすぎでヘッドダウンが癖になってしまうかもしれません。毎回試す必要ないと思います。

芯に当たるんで・・・

飛びます。

飛距離が伸びるということはないのですが、いま持っている飛ばす能力のMAXに近い飛距離が出る人もいるかもです。なのでまだ自分の実力を出し切れていない人は飛距離が伸びたように感じることになるはずです。

練習場で試してください。

ではまた

合わせて飛距離アップを狙えるドライバーを探す

ゴルフ ドライバー 商品一覧 売れ筋/評価|GDOゴルフショップ
ドライバーならGDOゴルフショップ。人気のゴルフ用品が12万点の品揃え!実際に購入したユーザーの口コミが満載。14時までの注文で最短翌日お届け。年間55万人以上が利用するゴルフ通販ショップ。

コメント